北海道日本ハム・大谷翔平選手、阪神・北條史也選手がプロの壁に苦戦

北海道日本ハムドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 北海道日本ハムの大谷翔平選手がケース打撃で始めてプロの投手と対戦した。第1打席はドラフト6位の屋宜照悟投手との対戦だったが、外角のストレートを空振りして三振と苦戦した。

 屋宜投手はドラフト6位とは言え、148km/hの速球を投げる投手で、昨年の日本選手権では決勝で登板し好投を見せており、日本選手権がドラフト会議の前に行われていれば、もっと高い順位で指名されていたであろう投手。1軍昇格に向けて十分な調整をしているようだ。

 大谷翔平選手は第2打席では1アウト1,3塁の場面でランナーが走った場面でサードにゴロを打って三塁走者をホームへかえすチームバッティングを見せたものの、第3打席では再び三振とプロの洗礼を受けた。大谷選手は「キレキレでした。凄かったです」と話した。

 また外野守備でも、後方のフライを追うための切り返しのステップに苦労するなど、始めてのプロの外野守備にも戸惑いを見せていた。

 阪神ドラフト2位・北條史也選手も紅白戦?に7番DHで出場すると、4打数ノーヒットに終わった。6回からはショートを守りゴロを一つさばいてみせた。平田2軍監督は「試合がこういうものだと、わかってくれた。これからだよ」と話していた。

 二人とも最初はこんなものだろうと思う。高校生ルーキーでは当たり前の風景だろう。これから一つ一つ覚えて行き、慣れていく。日々成長する姿を見て楽しみたい。

 

 これまで打撃マシン、打撃投手の球は打ってきたが、プロの現役投手の球を目の当たりにし「(球が)キレキレでした。凄かったです」と脱帽。7位・河野(新日鉄住金広畑)と対戦した第2打席は1死一、三塁からゴロを打つエンドランで外角ボール気味の球に飛びついて三ゴロ。西2軍監督兼内野守備コーチを「器用だね」とうならせたが、無走者の第3打席は再び空振り三振に終わった。

 悪戦苦闘した。紺田コーチが後方に投げたボールを、左右に腰を切りながら背走して捕球する練習。外野手初挑戦となった大谷の足はもつれ、スムーズに体をターンさせることが出来なかった。「あの足の運びは初めて。ステップが速くできるように教えてもらいました」。オリックスにトレード移籍した糸井が守った右翼候補にも挙がっているだけに「外野をやってほしいと言われたらやれるように頑張っていきたい」と力を込めた。

阪神・北條、ホロ苦…音なしデビュー - サンケイスポーツ:2013/2/12

 阪神春季キャンプ(11日、安芸)北條は「7番・DH」で先発出場し、4打数0安打に終わった。「勝負はこれからか?」という質問に「はい」と答えただけで春野を後にした。それでも六回から遊撃の守備につくと、九回には西武の4番に座った育成契約の外国人・アブレイユのゴロをうまくさばいた。平田2軍監督は「試合がこういうものだと、わかってくれた。これからだよ」と今後に期待をかけた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント