阪神、145km/h左腕・佐野日大の田嶋大樹投手をドラフト上位候補にリストアップ

田嶋大樹, 佐野日大

 阪神は最速145km/hを記録する左腕投手、佐野日大の田嶋大樹投手をドラフト候補としてリストアップしているようだ。

 

センバツ出場確実

 田嶋大樹投手は180cmの大型左腕で最速145km/hを記録する。今年の秋季栃木県大会では28回2/3を無失点に抑えると、関東大会では東海大甲府を1失点11奪三振に抑えて完投し、続く横浜高校戦でも高濱祐仁選手、浅間大基選手が揃う強力打線を3失点に抑えて勝利した。準決勝の桐生第一戦では左足首を捻挫したものの、試合中に負担を軽くするフォームを模索して1失点に抑えるなど、柔軟に対応できる面も見せている。

 センバツ出場は確実となっており、安楽智大投手、高橋光成投手が出場できない中で、センバツで評価が一気に上がる可能性のある左腕だ。

 

阪神は安楽、高橋と共に上位に

 阪神の球団関係者は「安楽、高橋と共に上位候補に入ってくると思う」と話し、田嶋大樹投手がドラフト上位候補に入っている事を明かした。特に甲子園で活躍を見せれば、甲子園のスターとして見過ごせなくなる。ドラフト会議では安楽智大投手の1位指名の可能性が高いと見られるが、外れ1位の候補として入ってくる可能性がある。今年に続き再び外れ1位で左腕投手の指名という事になるかもしれない。

最速145km/h左腕、田嶋リストアップ - デイリースポーツ:2013/12/25

 


PAGE TOP