九州共立大・川満寛弥投手に8球団27人のスカウト、阪神は6人で視察!

川満寛弥, 九共大

 阪神と九州共立大の交流戦が行われ、プロ注目の川満寛弥投手の視察に8球団27人のスカウトが視察に訪れた。阪神は6人で視察し、 阪神・田中スカウトは「上位候補の投手です。球持ちがよく、動じないしね。球速はプロに入って、体力をつければもっと出ると思う」と評価した。

 川満投手は初回に2失点するもその後立ち直り、4回には三者連続三振を奪うなど4回で5奪三振2失点というピッチングだった。最速は138kmも持ち前の球のキレで勝負しプロの打者を抑えた。

 阪神を含めオリックスなども高い評価をしており、ドラフト1位か2位で指名されると思われる。大型左腕投手がどの球団に指名されるか、今から楽しみだ。

九州共立大・川満に虎スカウト熱視線 - デイリースポーツ:2012/08/12

 阪神2軍が11日、鳴尾浜で九州共立大とプロアマ交流戦を行った。先発した九州共立大のプロ注目左腕・川満寛弥投手(4年)は4回2失点。それでも、6人態勢の阪神を含む8球団27人のスカウトが見守る中、3者連続を含む5奪三振で、能力の高さを見せつけた。

 186センチ左腕が圧巻の3者連続の三振ショーを披露した。四回、先頭の橋本に対し、スプリットで3球三振を奪うと、続く藤井宏もスプリットで空振り三振。甲斐に対しても3ボール2ストライクからスプリットを投げ込み、空を斬らせた。

 阪神・田中スカウトは「上位候補の投手です。球持ちがよく、動じないしね。球速はプロに入って、体力をつければもっと出ると思う」と高い評価を与えた。今秋のドラフト指名候補。伸びしろが大きい左腕に今後も入念なマークを続ける。 


PAGE TOP