中日の2年目、藤嶋健人投手が1軍昇格

藤嶋健人, 中日

2016年の東邦高校のエースとして注目され、その年のドラフト5位で中日に入団した藤嶋健人投手がこの日1軍に合流し、今日にも出場登録される。

東邦のエース

藤嶋健人投手といえば、東邦高校1年の時に甲子園のマウンドに立ち、三振を奪って吠える姿が話題となった。その後球速は146キロを記録し、打撃でもホームランを量産してプロ注目の選手となった。3年時には投球に関してはやや伸び悩みという感じで、3年夏の甲子園で東邦高校は八戸学院光星戦で大逆転を演じたが、藤嶋選手は3回途中4失点で降板している。

それでもU18代表に選出されるなど高い評価を受け、ドラフト会議でも5位で指名を受けて中日に入団した。プロ1年目の昨年は、ファームでも5試合、10回2/3の登板だけで、今年も3試合、7回1/3で被安打4、2失点という内容。

この日、1軍の練習に合流した藤嶋投手は、キャッチボールなどを行ったが、「どう動いたらいいか分からず緊張しました」と緊張感を見せていた。今日、1軍登録をされる。どのような形で1軍初登板を果たすか、投球にも注目したい。戦闘開始!

2016ドラフト指名選手 

東邦で3年春夏に甲子園に出場し、16年ドラフト5位で入団。1軍登板はなく、今季は2軍で3試合、計7回1/3を投げ防御率2.45。28日に出場選手登録される見込みで「任されたところで一生懸命投げたい」とデビュー戦を待ちわびた。


PAGE TOP