専大松戸敗れる!上沢直之投手「プロに行きたいけど・・・」

上沢直之, 専大松戸

 専大松戸の夏が終わった。エース上沢直之投手が先発するも6回までに5四死球を制球を乱し、6安打を浴びて3失点、チームは9回に1点差になるも2-3で敗れた。

1回戦(12日)でプロ注目の千葉明徳・鈴木康平投手と投げ合って延長10回まで184球を投げて引き分け、翌日13日の再試合でも3回2/3を投げた。中3日の登板は高校野球では普通なので、疲れという言い訳はできないかもしれない。初戦も含めて実力を出せたとは言えないだろう。

 1年生から注目された上沢投手にプロの評価は変わらない。しかし、上沢投手は試合の後、「プロに行きたいけど、まだ決まっていない」とコメントし、実力を出し切れなかった思いがあるのだと思う。

  •  - 

  • PAGE TOP