秀岳館が敗退、九鬼隆平選手はプロ入り視野に進路を相談、明徳・古賀優大選手の進路にも注目

明徳義塾, 秀岳館, 九鬼隆平, 古賀優大

夏の高校野球は準決勝が行われ、秀岳館は北海に、明徳義塾は作新学院に敗れて姿を消した。プロ注目の捕手、九鬼隆平選手と古賀優大選手の進路が注目される。

九鬼隆平選手

強打と強いリーダーシップでセンバツベスト4、この夏もベスト4まで勝ち上がった秀岳館・九鬼隆平選手、この日は7回に先頭打者で2ベースヒットを放ち得点に絡むと、8回にはライト前ヒットを北海の野手が後逸し、一気にホームインするなど4-3で1点差に迫る活躍を見せた。

しかし捕手としてこれまでいろいろな投手を継投し、九鬼選手のリードでその投手の良い所を引き出しながら勝利してきたのだが、この日は先発の川端健斗投手が3回途中2失点、中井雄亮投手も2失点した。その失点の中には野手の守備のリズムが全体的に悪い所などもあった。しかしその悪い流れをナインを鼓舞し必死に断ち切り、3-4の試合を作っていったのは九鬼選手だったと思う。

試合後にも選手を励ましながらも悔しさで涙していた九鬼選手は「日本一の目標がかなわず、本当に悔しい」と悔しさだけ語っていた。その九鬼選手は進路について答えなかったようだが、プロのスカウトも注目をしており、プロ入りを視野に今後、鍛治舎監督や親などと相談してく。

古賀優大選手

古賀優大選手も九鬼選手と同じように多くの選手を継投するチームの中で、それぞれの投手の良さを引き出した。中野恭聖選手は甲子園で準々決勝まで無失点を続け、リリーフ陣も好成績を残してきた。しかしこの日は作新学院の打線の前に投手陣が力を出せず、また守備でも4つのエラーを出し、また作新学院・山ノ井隆雅選手に1回と4回に盗塁を許すなど流れを変えることができず、中盤までに10失点して試合を決してしまった。

古賀選手は打席では4番打者として4打数3安打を記録し、チャンスを作り続けたがあと1点が取れずに流れをつかむことができなかった。それでも古賀選手は、3試合連続弾の入江大生選手を抑えた事について「インの直球でファウルを取って、その変化球で抑える完璧な投球ができた。」と話した。

進路についてのコメントはなかったが、総合力の高い捕手としてプロも高い評価をしている。

U18代表捕手へ

今年は好捕手がかなりいたが、やはりこの二人が目立っていたと思う。タイプの違う二人の捕手はおそらく今日発表される侍ジャパンU18代表に選出されると思うが、プロでもともにライバルとして成長していくのではないかと思う。

今後の二人の戦いにも注目してゆきたい。

2016年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

ドラフト番付、2016年高校野球・夏の甲子園場所 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

「楽しいことより、苦しいことのほうが多かったけど、今のメンバーで甲子園で野球ができた自分は、本当に幸せ者だと思います」。試合後の取材で仲間への思いを問われると、涙が止まらなくなった。


PAGE TOP