盛岡大付に期待高まる、140キロトリオに俊足1、2番

高校野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

センバツに出場する盛岡大付は、140キロを記録する3人の投手と、俊足の1,2番に主軸の植田拓選手がおり、東北初の優勝の期待が高まっている。

成長期待の投手陣

盛岡大付では昨年夏の甲子園を経験した左腕の三浦瑞樹投手がエース、技巧派左腕だが140キロを記録しており、強気なピッチングも特徴。

そして控えるのは最速144キロの速球を投げる右腕の平松竜也投手、昨年秋の東北大会は1回戦、2回戦で先発したものの、その後はリリーフで失点し課題を見せたが、この冬のトレーニングで体重が6kg増え、86kgまで増しており、「センバツで最速を更新したい」と話している。

この二人は共に横浜瀬谷ボーイズ出身だが、もう一人、瀬谷ボーイズ時代は二人を差し置いてエースを務めた臼井春貴選手もいる。白井選手は背番号9をつけているが、昨年秋は4試合に登板し11回を無失点に抑えている。バックネットの計測で145キロを記録したとも言われる。

ブルペンではこの3人が並んで投球をしており、迫力満点だという。昨年夏の甲子園では3回戦に進出も8-6、11-8、9-11と猛打を見せるも投手力が課題と指摘された。昨年夏に2年生ながら3試合に登板した三浦投手は、「昨年の甲子園での投手力は下から数えた方が早いって周りから言われたのが悔しかった。全国で通用するのを見せたい」と話し意気込みを見せる。

機動力も使える

昨年夏の猛打は高校野球ファンの印象に残っていると思うが、2年生だった植田拓選手と、3年生の塩谷洋樹選手の主軸が強く、リードオフマンの菅原優輝選手の活躍も光った。

今年はさらに機動力も持つチームになっている。白井投手はライトで出場するが50m6.0秒の足がある。しかしそれ以上の足を持つのが、1番を期待される大里昂生選手と2番を期待される林一樹選手。

俊足巧打の二人が粘りの打撃を見せて出塁し、3番・植田選手につないでいく。大里選手は「打者と連係を取りながら生かしたい」と話し、機動力も見せていく。

猛打のイメージから機動力、投手力も備わった盛岡大付、センバツの注目チームの一つとなる。

センバツ出場校とドラフト注目選手

盛岡大付属高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

昨秋は背番号9の臼井は、主にリリーフを任され4試合に投げ11回無失点。横浜瀬谷ボーイズでは2人を差し置いてエースを務めていた。「2人とは今の時点で差がある。今年の冬は自分が一番練習してきた自信がある」と巻き返しに燃えている。

50メートル走は大里が6秒2、林が6秒0とチームでも上位。林は「いい走塁は打撃にもつながる」と話し、大里は「打者と連係を取りながら(足を)生かしたい」と、足を絡めて得点力を上げていく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント