箕島・中川虎大投手が147キロも2失点、阪神、DeNAなど5球団のスカウトが視察

中川虎大, 箕島高

高校野球和歌山大会では、箕島の150キロ右腕・中川虎大投手が登場し、9回の1イニングを投げた。この試合には阪神、横浜DeNAなど5球団のスカウトが視察に訪れた。

1回2失点

この日の和歌山高専戦は、エースの岩沢投手が先発し8回までを無失点に抑える。そして4-0の9回に150キロ右腕の中川虎大投手が登板した。

中川投手は最速で147キロを記録し、その素質を見せたものの、2安打を許し、自らのエラーも絡んで2失点、「あとは任せろと思っていたんですけど、スライダーが甘いコースに集まってしまった。打者に当てられない直球を投げ込みたい」と話し反省を口にした。

それでもストレートで三振を奪い、「状態は上がってきた。ストレートで三振を取れたのはよかった」と話した。

この日は5球団のスカウトが視察をしたが、阪神の畑山統括スカウト補佐は「体が強く、高校生でこの球速を投げられるのは魅力。楽しみな素材」と素材を評価していた。

まだ投げれば失点をする所がある中川投手、速い球を投げていてもきれいに打たれる投手はいる。しかし、これだけの球速を持っていると、あるきっかけで打たれないストレートとなり、バッターが手が付けられない投手に化ける可能性もある。

プロのスカウトが中川投手の将来の姿をどのように思い描くのか、注目したい。

2017年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2017年度-高校生-和歌山県のドラフト候補リスト

直球で三振を奪い「状態は上がってきた。ストレートで三振を取れたのはよかった」とうなずいた。阪神の畑山俊二統括スカウト補佐は「体が強く、高校生で、この球速を投げられるのは魅力。楽しみな素材」と評価した。

2失点したが、自己最速タイの147キロをマーク。プロ5球団のスカウトも見つめるなか、実力の片りんを見せた。

最終回は主将でプロ注目右腕の中川虎大(こお=3年)に託した。しかし、味方の失策も絡んで2失点。それでも、最速147キロをマークし、持ち味を発揮した。「エースの岩沢が投げて、『あとは任せろ』と思っていたんですけど、スライダーが甘いコースに集まってしまった。打者に当てられない直球を投げ込みたい」。反省を口にしながら、次回登板への意欲も見せた。


PAGE TOP