注目高校1年生は?花咲徳栄・井上朋也選手、智弁和歌山・細川凌平選手など

松本隆之介, 井上朋也, 細川凌平, 栗田勇雅, 加藤響, 西川僚祐, 寺西成騎

スポーツ報知では、関東大会でプレーを見せた1年生選手を取り上げ、花咲徳栄・井上朋也選手、山梨学院・栗田勇雅捕手、東海大相模・加藤響選手を紹介している。その他にも智弁和歌山の細川凌平選手など、全国で1年生が活躍しており、紹介する。

注目の1年生

スポーツ報知で取り上げられたのは、花咲徳栄・井上朋也選手、山梨学院・栗田勇雅捕手、東海大相模・加藤響選手の3人。井上選手は春の埼玉大会で2本塁打を打ち、関東大会でも専大松戸戦で逆方向にホームランを放って話題を集めた。中学時代は奈良・生駒ボーイズでプレーし、ボーイズ日本代表に選出され世界大会で優勝している。

当然、進路に注目が集まったが、「岩井先生がわざわざ大阪まで足を運んでくれて、何回も自分のことを見てくれたので」と話し、近畿圏の強豪10校以上から声がかかる中で、埼玉の花咲徳栄に進学した。今年のドラフト上位候補・野村佑希選手を目標とする井上選手、「野村さんのように、ホームランも打てて、率も高いバッターになりたいです」と話し、ホームランについては「まずは野村さんを抜いて、そこからどんどん打って80本くらいを目指したいです」と目標を語った。

山梨学院の栗田勇雅捕手は福島県出身で、いわきボーイズでプレーしていた。春の山梨大会で1回戦で途中からマスクをかぶってプレーすると、堂々としたプレーを見せ、3回戦以降は正捕手となった。2本のホームランも放っている。そして関東大会でも日大三戦でレフトに先制の2ランホームランを放った。日大三戦では8点を失うなど課題はあるが、成長はこれから。

東海大相模の加藤響選手は神奈川の海老名シニアで4番ショートでプレーしていた。多くの強豪校から声もかかったが、東海大相模のアグレッシブな野球にあこがれ、「東海大相模は、うまさというより強さの部分をすごく重視している。自分の強さをもっと出していけたら、高校野球に限らずその先の自分の野球人生にもつながっていくと思った」と入学をした。関東大会では花咲徳栄戦で7番ショートで出場すると、2安打1打点を記録し、ショートの守備も無難に守り抜いた。センバツで好プレーを見せた小松勇輝選手がケガで出場をしたものだが、そこでしっかりとアピールをすることができ、次世代の相模の遊撃手という印象を植え付けた。門馬監督も「走攻守にソツなく野球ができ、これからもっとスケールの大きな選手になっていくであろうというのが、彼の一番の魅力」と評価する。

この他、東海大相模では、186cmのスラッガー・西川僚祐選手に期待が集まる。桜シニアの4番でジャイアンツカップで特大弾を放った選手。また他にも諸隈惟大投手、山村崇嘉投手といった世代を代表するような左右の投手が入学しており、黄金時代を作るかもしれない。

また、関東では横浜高の松本隆之介投手が186cmの長身から145キロの速球を投げて注目された。東海大相模のライバルにも怪物候補が加わっている。

そして他にも注目選手がいる。智弁和歌山の細川凌平選手は、50m5.8秒の俊足があり、中学時代もかなり注目された選手で、この春も輝くプレーを見せた。星稜の寺西成騎選手は、兄に負けない大型選手で186cmの長身からすでに141キロを記録している。これから夏に向けてどんどん1年生が出てくる。非常に楽しみ。

2020年度-高校生のドラフト候補リスト

 奈良・生駒ボーイズに所属していた昨夏、ボーイズ日本代表の一員として世界大会(米カリフォルニア州アラメダ)で優勝。智弁学園、天理といった関西圏の強豪10校以上から声がかかったというが、「岩井先生がわざわざ大阪まで足を運んでくれて、何回も自分のことを見てくれたので」。花咲徳栄・岩井隆監督(48)の熱意に心を打たれ、埼玉行きを決意した。


PAGE TOP