横浜高校の左腕・松本隆之介投手、152キロで自信深めて臨む夏

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

横浜高校の松本隆之介投手は、活動自粛期間にこれまでの投球を振り返り、最後の夏は152キロ左腕として迎える事となった。

大舞台での投球

松本隆之介投手は中学時から最速145キロの速球を投げる長身左腕投手として注目され、横浜高校でも期待をされてきた。

しかし、昨年春のセンバツでは明豊戦で2回1/3で5安打5失点で降板し、昨夏の神奈川大会でも相模原戦で2番手として登板するも、1アウトも奪えずに降板をしてしまう。

新型コロナウイルスの影響による活動自粛期間中も、これまでの投球を振り返り、「メンタルの弱さが出た。もう2度とあんな投球はしない」と心に決め、体重を10kg増やすことに成功すると、最速は152キロを記録した。

最近の練習試合でも140キロ後半のストレートを安定して出せるようになったといい、「低めの球の伸びがよくなった」と自信をつけた。

もうこれで大舞台でも自信をもって投げることができるだろう。8月5日に保土ヶ谷球場で初戦を迎える。

2020年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
自慢できる投球で終わる 日刊スポーツ紙面 2020/7/18

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント