【2022センバツ】浦和学院の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は、浦和学院の注目選手。

スポンサーリンク

注目したい選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:金田優太選手

遊撃手として肩の強さを見せ、投手としても130キロ中盤の速球を投げる。3番を打ち打撃でも中心の選手で、2年秋は公式戦で打率.438、ホームランこそなかったものの9打点を挙げた。

注目度B:宮城誇南投手

173cmの左腕投手で、142キロの速球を投げる。キレの良いストレートと変化球が特徴で2年秋の関東大会では桐生第一を完封した。球速がどのくらいまで伸びてくるか注目したい。

注目度C:小田部夏行投手

182cm81kgの身長があり、140キロ中盤を投げるという投手。昨年までは故障で登板はなかったようだが、ベンチ入りしたら楽しみな投手。

注目度C:高山維月捕手

遠投は98mで肩は強いが、打撃・守備などまだ成長途中にある捕手。ポテンシャルは高いと思うので、これからの成長を見ていたい。2年秋は向上戦でホームランを放つなど長打力を見せた。

注目度C:八谷晟歩内野手

171cm75kgの三塁手で、中学時にU15代表を経験している。遠投110mの肩や50m6.1秒の足など、身体能力が高い。

注目度C:伊丹一博外野手

遠投115mの強肩で50m6.2秒と身体能力が高い。2年秋は4番でも打っており、長打力やチャンスに強い打撃も特徴。

チーム

宮城投手は1年時から経験が豊富な投手で、球のきれ、変化球の制球なども安心してみていられる。基本的には1試合を任せたいが、ショートの金田投手は力のある球で押す投球を見せるなど他にも控え投手が多く、継投で繋いでいく。

打線は1番・八谷選手から、3番・金田選手、そして4番には伊丹選手や鍋倉選手が入り、この上位打線でどれだけ得点を奪えるかが特徴。犠打も多く、高校野球の基本的なスタイルで攻撃をする。

投手が2、3点に抑え、打線がつながりで5、6点を奪う。1番と4番の働きが勝利のポイントとなりそうだ。

浦和学院高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント