【更新】花巻東・大谷翔平投手に日米9球団13人のスカウトが視察!

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース メジャーリーグ 東北楽天ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 甲子園への夢は断たれてしまった花巻東・大谷翔平投手だが、昨日の試合にはMLBテキサスレンジャーズが2人のスカウトでチェックしたほか、埼玉西武、東北楽天、中日、阪神など9球団13人のスカウトが視察し、次のように評価している。

◆埼玉西武・鈴木葉留彦球団本部長:「ダルビッシュの高校時代よりもいい。負けても評価は変わりません。藤浪君は完成度が高いけどこっちのほうが伸びしろがある」

◆東北楽天・福田功編成・育成統括本部副部長:「肩から先の柔らかさは抜群。リストも強いし楽しみな選手。ビッグ3と言われる投手の中でも1番」

◆東北楽天・上岡良一スカウト:「体に柔らかさとスピードがあり、磨けばまだ光る」

◆中日・山本スカウト:「準決勝の時は上からボールをたたけていた。フォームも素材も全てがいい。もはや球速はどうでもいい。1位でしか取る事ができない素材。」

◆阪神・葛西スカウト:「好不調はあるものだし、直球が打たれても変化球で整えていた。1位候補という評価は変わらない」

 進路について大谷投手は「監督、両親と話して決める」と話したが、大谷の父・徹さんは「大学、社会人、日米のプロ。全ての可能性がある」とコメントしている。日米による争奪戦が今後過激になる可能性があるが、まずは日本のプロ野球入りが濃厚だろう。

観客はファウル“判定”…160キロ腕・大谷 3ランに泣く - スポーツニッポン:2012/07/27

 雨天順延と盛岡での球宴開催のため、準決勝から決勝まで中6日の異例の日程だった。19日の準決勝・一関学院戦では高校生史上初となる160キロを計測。しかし指揮官が「160キロで(心身ともに)バランスが崩れた」と振り返ったように、期待が重圧となってのしかかった。この日は腕の振りが横振りとなる悪癖が顔をのぞかせ、球速は156キロをマークしたが、ことごとく高めに浮いた。「160キロを出すよりも(甲子園で勝って)岩手の皆さんに喜んでもらいたかった。それができなかったことが悔しい」。声の震えは最後まで止まらなかった。

  注目の今後の進路について、大谷と佐々木監督は「今は考えられない」と話したが、大谷の父・徹さんは「大学、社会人、日米のプロ。全ての可能性がある」と現時点ではあらゆる選択肢があることを強調した。この日も日米9球団のスカウトが視察するなど、その決断に注目が集まる。この日の悔しさは、野球人生の第2章で晴らしていく。 全文はスポーツニッポンのサイトをご覧ください。

評価は不変…西武「ダルビッシュの高校時代よりいい」 - スポーツニッポン:2012/07/27

 ネット裏に集まった日米9球団13人のスカウトも大谷の評価は不変との見解を示した。  西武の鈴木葉留彦球団本部長は「ダルビッシュの高校時代よりもいい。負けても評価は変わりません」と本家ダルビッシュ(レンジャーズ)と比較し、最大級の賛辞を贈った。また、楽天の福田功編成・育成統括本部副部長も「肩から先の柔らかさは抜群。リストも強いし、楽しみな選手」と今後に期待を寄せた。全文はスポーツニッポンのサイトをご覧ください。

“みちのくのダル”花巻東・大谷、終戦/岩手 - サンケイスポーツ:2012/07/27

 今後については「今はそんなことを考えられない。監督や周りの人と話し合って決めたい」と話した。この日も日米8球団のスカウトが視察。「勝敗は関係ない。(大阪桐蔭の)藤浪君は完成度が高いけどこっちのほうが伸びしろがある」(西武・鈴木葉留彦スカウト部長)と高評価は変わらない。「1位指名でいくかいかないかの判断だけ」と話すスカウトもおり、今秋のドラフト会議は競合必至だ。全文はサンケイスポーツのサイトをご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント