埼玉西武がパナソニックに3-0で勝利、ドラフト1位・森友哉選手初ヒット、ドラフト7位・福倉健太郎が145km/h

社会人野球ドラフトニュース 埼玉西武ルーキーニュース

 埼玉西武2軍とパナソニックのプロアマ交流戦が行われ、埼玉西武が3-0で勝利した。ドラフト1位の森友哉捕手がプロ初ヒットを放つと、ドラフト7位の福倉健太郎投手が4回に登板し145km/hを記録した。パナソニックは6年目の鶴川将吾投手、8年目の四丹健太郎投手が登板した。

 

ルーキーが活躍

 埼玉西武ドラフト1位の森友哉選手はやはりタダものではなかった。第1打席に内角を攻められるも3球目のインコースのカットボールを一二塁間に運び、プロ初ヒットを放った。森友哉選手は大阪桐蔭時代も第1打席に思い切りの良いバッティングを見せていたが、プロでも変わらないスタイルだった。しかしその後は変化球中心に攻められて2三振と厳しさも味わった。

 またドラフト7位のルーキー・福倉健太郎投手が4回に3番手で登板すると、ヒットを許して2塁まで進められるも145km/hの速球を披露して1回を無失点に抑えた。福倉投手は第一工業大時代に150km/hを記録していたが、ケガも多く実績は少なかった。素質を評価してのドラフト指名だったが、ここまで順調に来ているようだ。早めに1軍に昇格するかもしれない。

 

パナソニックはベテランが登板

 一方、パナソニックは5年目の鶴川将吾投手が先発、7年目の四丹健太郎投手がリリーフし、プロ2軍を3失点に抑える好投を見せたといってよい。しかし、昨年エースの秋吉亮投手(2013年東京ヤクルト・ドラフト3位)が抜け、若手にプロを経験させたい機会だったが、ベテラン2枚だけの登板となった。

 3年目となる藤井聖太投手が成長して欲しいところだが、1年目で昨年、大商大を明治神宮大会に導いたエースの近藤大亮投手に期待が高まる形になりそうだ。

 

西武・森がプロ初安打 - 西日本スポーツ:2014/2/15

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント