前橋育英・高橋光成投手が終業式、1月に入寮のため高校生活最後

高橋光成, 前橋育英

 新たな進路に向かう高校野球選手は、1月から新天地で練習に入る事になり、高校への登校は2学期までになる事がある。プロ入りする選手たちは1月にはプロ球団の寮に入るため、卒業式以外は2学期の終業式が高校生活最後となる。

終業式

 埼玉西武にドラフト1位で入団する高橋光成投手も、この日2学期の終業式を迎えた。終業式では2年生の夏に前橋育英を甲子園全国制覇に導いた功績をたたえ、優秀前橋育英生の表彰を受けたという。

 輝かしい高校生活を、そして共に戦ったチームメイトと一足早く別れる事となり、高橋投手は「高校生活が終わって寂しい気持ちです」と話した。

 高校は冬休みに入り、3年生は次の場所での活躍を目指してオフのトレーニングに励む。そして2年生は来年のプロ入りや甲子園を目指して練習に励む。大きく成長する可能性もある冬が始まる。

 25日から冬休みに入り、来年1月にはプロの第一歩として、埼玉県所沢市の若獅子寮に入寮。「高校生活が終わって寂しい気持ちです」としみじみと話した。


PAGE TOP