阪神、ルーキー選手の期待が大きく

横山雄哉, 石崎剛, 守屋功輝

 FA宣言をしていたオリックスの金子千尋投手のチーム残留が決まり、このオフの目玉選手の行き先がほぼ決まった形となった。FA選手による補強を考えていた阪神は選手を獲得することができず、ルーキーへの期待が高まる事になりそうだ。

今後は鳥谷選手の残留を

 ドラフト会議では1位指名した有原航平投手を抽選で外した阪神は、中日・山井投手、北海道日本ハム・宮西投手、千葉ロッテ・成瀬投手、そしてオリックス・金子投手など、FAによる先発投手陣の補強を考えていたが、山井投手、宮西投手はFAを行使せず、成瀬投手は在京球団志望で東京ヤクルト入りが決まり、そして金子投手も残留が決定して、一人も獲得できない状況となった。

 またチームでは常にレギュラーとしてショートを守ってきた鳥谷選手がメジャー移籍を視野にFA宣言をしており、戦力ダウンの可能性もある。

 メッセンジャー投手、ゴメス選手、マートン選手、呉投手と外国人もほぼ固定されており外国人による補強は難しく、今後は鳥谷選手の残留に全力を傾け、またトレードなどにより日本人の先発投手の獲得を目指す事になる。

 

ルーキーに期待

 このような状況で現段階で唯一補強でプラスとなっているのがドラフト会議で指名した選手たち。阪神は12月中旬に、ドラフト1位の横山雄哉投手、2位の石崎剛投手、4位の守屋功輝投手に対してトレーニングの補強をしていたことが分かった。

 オフのトレーニングで故障をしないように、トレーニングのレッスンを受けていたという。横山投手、守屋投手は工高卒3年目の若い投手、石崎投手もストレートで抑えてきたような荒削りな投手で成長過程にある投手ではあるが、この3投手には故障なく来年1軍でプレーしてもらなければならず、ルーキーにかかる期待は大きい。

阪神タイガースのドラフト会議メインページ | ドラフト会議ホームページ2014 Draft home page

 球団関係者が「年末年始にかけて、けがをしないように、投手だけ呼んで、伊藤トレーニングコーチからレッスンを受けたようだ」と明かした。


PAGE TOP