2015年ドラフト候補で楽しみな選手 ~高校生中国・四国編~

山形堅心, 喜多真吾, 海野隆司, 田中寛大, 上西嵐満, 大上拓真, 米田圭佑, 川本拓歩, 牛尾諒汰, 田邨光, 飛田登志貴, 川上遥

 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価のページにみなさまからお寄せいただいている選手で、来年楽しみなドラフト候補を探してみます。今日は中国・四国地方の高校生。

注目されている候補

 広陵高校、関西高校、明徳義塾など毎年ドラフト候補を出すチームが夏の甲子園に出場したものの、2年生で目立った活躍を見せた選手はおらず、ドラフト1位2位で指名されそうな選手はまだいない。しかし素質の高い選手が控えており、夏までにいろんな選手がでてきそうな感じがする。

 広陵の喜多 真吾選手は182cm82kgの体があり、長打力があり1年秋から4番を打つ。この夏の甲子園では5番ファーストで出場し2つの死球を受けて3打数ノーヒットに終わったが、秋からは4番ショートでプレーしているという。このポジションで結果を残すことができれば、ドラフトで名前を聞く事になりそうだ。

 関西高校の海野 隆司捕手はセカンドまでのスローイングが1.9秒台と強肩捕手として注目されている。明徳義塾は岸潤一郎投手の活躍で他の選手がなかなか目立たなかったが、スラッガーとして期待されている181cmの山形 堅心選手、185cmの飛田 登志貴投手などが成長すれば面白い。

 センバツに出場する可能性が高い選手では、宇部鴻城の上西 嵐満投手が、中国大会で米子東を2安打11奪三振で完封している。明治神宮大会では球が荒れてチームの守備のリズムを乱し5回途中で降板してしまったが、139km/hながらキレの良いストレートを投げる。

 また英明の田中 寛大投手も明治神宮大会では敦賀気比の猛打に捉まり6回途中自責点5に終わったが、ダイナミックなフォームから力のある球を投げる。しかし二人ともプロ入りする為にはさらなる成長が必要だ。

 

その他の候補

 鳥取西の川上 遥投手は184cmの身長から139km/hの速球を投げる。まだ一気に失点したりと未完成だが楽しみな投手、開星の田邨 光選手は打撃センス、守備のセンスに優れた選手。昨年・山岡泰輔投手が注目された瀬戸内高校には141km/hの左腕・牛尾 諒汰投手がおり、成長が期待されている。

 岩国高校の川本 拓歩選手は大型ながら足が速く、長打力もある内野手として1年時から活躍を見せている。この夏の甲子園では初戦で健大高崎に3-5で敗れたものの、1番セカンドで出場し、初回先頭打者でいきなり3ベースヒットでその後、先制のホームを踏み、2回にはタイムリー2ベースヒットを放った。4打数3安打と気を吐き、素質の高さを示した。

 21世紀枠での候補になっている松山東では捕手の米田 圭佑選手が中心選手となっている。182cmの体があり通算15本塁打、セカンドまでのスローイングも1.9秒台を出すようでセンバツ出場が決まったら注目したい選手。

 また捕手では小松高校の大上 拓真選手も通算18本塁打を記録する強肩強打の選手として注目されている。

2015年度-中国のドラフト候補リスト

2015年度-四国のドラフト候補リスト


PAGE TOP