NTT東日本、153キロ・小又圭甫投手と152キロ・熊谷拓也投手がそれぞれ2回無失点

NTT東日本, 熊谷拓也, 小又圭甫, 保坂淳介

NTT東日本はこの日、桐蔭横浜大とオープン戦を行い、153キロ右腕の小又圭甫投手と152キロの熊谷拓也投手がそれぞれ2回を無失点に抑えた。

大卒2年目右腕

二人は大学卒2年目で今年がドラフト解禁となる。小又圭甫投手は国学院大出身、大学時代は153キロの速球を投げるものの制球に苦しみ、東都リーグは4年間で4試合に登板に終わっている。この日は8回から登板して2回をパーフェクト投球、成長した姿を見せた。

球威は十分の投手で千葉英和高校時、そして大学時代もプロのスカウトが注目した。制球ができるようになればドラフト会議での指名が十分考えられる投手で、上位に入ってくる可能性もある。

またこの日は、熊谷拓也投手が6回から登板すると、2回を2安打無失点に抑えた。熊谷投手も法政大出身の2年目の投手で、球速は大学時代に152キロを記録している。こちらも平塚学園時代から注目されている投手だが、大学では2年生の時に春秋合わせて5勝を挙げるたものの、その後は球威がやや弱くなり、3年、4年ではそれぞれ1勝どまり、リーグ通算7勝12敗という成績に終わっていた。熊谷投手はストレートの強さが戻れば、再びプロのスカウトが注目する投手となる。

またもう一人、中央大出身の保坂淳介捕手がこの日、初回に3ランホームランを放った。保坂選手は佐野日大から中央大に進み、セカンドまで1.88秒の強肩を見せる捕手で、こちらも大学卒2年目で解禁となる。捕手として肩と実績を今年アピールし、この日のようなホームランも見せられれば、ドラフト候補に入ってくる。

試合は8-1でNTT東日本が勝利した。

NTT東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
桐蔭横浜大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

いずれも大卒2年目でプロ注目の3選手が躍動。152キロ右腕の熊谷が6回から2イニングを2安打無失点に抑えれば、153キロ右腕の小又が8回から2イニングを完全投球。打っても保坂が初回に左越え3ランを放った。国学院大時代から故障に泣いてきた小又は「ストライク先行で投げられた。信頼される投手になりたい」と力を込めた。


PAGE TOP