早稲田大・今西拓弥投手は都市対抗覇者Hondaでチームのために

社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

早稲田大で2m左腕として注目されたものの、ドラフト会議で指名漏れした今西拓弥投手が、チームメイトだった早川隆久投手を参考に、Hondaでの活躍を目標とした。2年後のプロ入りについても明言した。

スポンサーリンク

2m左腕

今西拓弥投手は、身長2mの左腕投手で140キロ後半の速球をバランス良く投げ、2年生の秋に3勝1敗、3年春に2勝0敗を記録する活躍を見せていた。しかし、3年秋が未勝利に終わると、期待された今年は春のリーグ戦で登板がなく、秋も未勝利に終わった。

プロ志望届を提出しドラフト会議で指名を待ったものの名前は呼ばれなかった。しかし、それをひきずることはしなかった。「早慶戦前にチームの雰囲気を悪くしたら申し訳ないと思って。優勝できる可能性があったので、早慶戦に向けて切り替えました」と話す。そして早慶戦では2回戦で先発し2回無失点、その試合に大逆転勝利をして早稲田大はリーグ戦も逆転優勝を果たした。「優勝した瞬間が一番印象に残っている。大学生活はあっという間で充実していました」と話す。

同学年に同じ左腕の早川隆久投手がおり、競い合った。2,3年時は活躍度合いで追いついた感じもしたが、4年生で一気に引き離され、ライバルはドラフト1位で4球団が競合する投手となった。「今年の早川はチームのためにということを、すごく言っていた。自分は大学でそういうことを考えられてなかった」といい、「まずはチームのために。その中で結果を残した選手がドラフトで指名されるのかなと、早川を見て感じた。自分もそのような選手になりたいし、ならないといけない」と話す。

今西投手はHondaに進む。今秋の都市対抗で優勝をしており、来年は都市対抗連覇を目指すチームだ。「チームの勝利にこだわりながら、結果を残していきたい。都市対抗2連覇に貢献できるように努力を重ねて若獅子賞を取りたいです」と話した。

今西投手は力的には社会人でも即戦力と言える。あとは思い切り腕を振って投げることができれば良い。ドラフト会議での指名へはあと一歩というところだったに違いない。チームの勝利をモチベーションであとひとつの何かをプラスし、都市対抗2連覇に向けて頼れる存在になりたい。

来年の活躍で、2022年のドラフト上位候補に入ってくると思うので、それを待ちたい。

2020年ドラフト会議、主なドラフト指名漏れ選手
評価されていた選手の中で、ドラフトで指名漏れとなった主な選手を挙げます。
2022年度-社会人のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

アマNO1投手から学ぶことは多かった。「今年の早川は『チームのために』ということを、すごく言っていた。自分は大学でそういうことを考えられてなかった」。どんなに自分の結果が良くても、チームが勝たないと意味がない。勝利を第一に考える主将兼エースの背中を見て、考え方を見直した。「まずはチームのために。その中で結果を残した選手がドラフトで指名されるのかなと、早川を見て感じた。自分もそのような選手になりたいし、ならないといけない」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント