創価大の152キロ左腕・鈴木勇斗投手が来年ドラフト注目

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

今秋の関東大学野球選手権で最速152キロを記録した左腕、創価大の鈴木勇斗投手が、来年のドラフト候補として大いに注目される。

スポンサーリンク

カーショーのフォームで

鈴木勇斗投手は鹿屋中央高校出身で、3年時はエースとして投げていたものの、それほど注目された投手ではなかった。創価大に進むと2年生の春にリーグ戦で初登板をしたが、今秋のリーグ戦で9試合に登板して4勝1敗、防御率1,72を記録した。

新型コロナの影響で活動自粛となった期間に、ドジャースのカーショー投手のフォームを参考にフォーム修正に取り組むと、最速は152キロを記録、二段モーションにして体重移動がスムーズになり制球も安定した。

左で152キロを投げる投手はなかなかおらず、今年のドラフト会議でも150キロ左腕は早大・早川隆久投手(東北楽天)、法政大・鈴木昭汰投手(千葉ロッテ)がドラフト1位で、東北福祉大の山野太一投手(東京ヤクルト)、NTT東日本の佐々木健(埼玉西武)が2位でそれぞれ指名されており、鈴木投手もドラフト上位での指名が期待される。

来年は筑波大の佐藤隼輔投手、法政大の山下輝投手など注目左腕が多く、鈴木投手もそこに並ぶためには、春のリーグ戦で今秋以上の投球を見せたい。

2021年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年のドラフト候補
2021年のドラフト候補選手一覧です。1月17日のスポーツ報知のリストを反映しました。 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価サイトもご覧ください。
”先取り”21ドラフト候補 創価大152キロ左腕・鈴木 サンケイスポーツ関東版紙面 2020/12/30

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント