上武大・大谷昇吾選手が今季5号ホームラン

大学野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 関更新リーグでは上武大vs平成国際大の試合が行われ、上武大の大谷昇吾選手が今季5本目となるホームランを放ち、勝利に貢献した。

 1点を先制された上武大が3回に1アウト3塁の場面で、1番セカンドとして出場している大谷昇吾選手が平成国際大の3年生・佐野泰雄投手からホームランを放ち、2-1と逆転に成功した。その後は平成国際大が再逆転するものの、終盤に上武大が佐野投手を打ち崩して10-6で勝利を収めた。

 大谷昇吾選手は樟南高校時代から、3年夏の予選で5本塁打を放つなど、長打を持つリードオフマンとして注目されていた。大学でも1番を打ち、セカンドを任せられており、今シーズンは開幕戦でサイクルヒットを達成すると、続く試合で2打席連続ホームランを放つなどブレークした。

 今大会5本塁打、長打も打てるリードオフマンでセカンドというのも魅力だろう。上武大は順調に首位を走っており、大学選手権に出場したら注目の選手となりそうだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント