法政大は鴨川でキャンプイン、水谷友生也選手が4年でプロ入り目指す

大学野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

 法政大が千葉県鴨川でキャンプインした。法政大は今年のドラフト1位候補・石田健大投手が注目されるが、1年生の水谷友生也選手も、大阪桐蔭でチームメイトだった森友哉選手にライバル心を燃やし、大学で森選手を超えることを目指す。

 

大阪桐蔭のライバル

 大阪桐蔭では2年生の時に春・夏連覇を達成した。2年生でチームの中心選手となっていた森友哉選手、笠松悠哉選手などに比べると、水谷選手は甲子園で試合に出場したものの、守備要員として遊撃手の守りにつく機会が多かった。しかし当時から守備に関してプロのスカウトからも「ショートをやるために生まれてきた選手」と評価されていた。

 3年生でも春・夏に甲子園に出場し、レギュラーの遊撃手として活躍を見せた。打撃では8番打者とまだ力不足であるが、森友哉選手と共に守備でチームを引っ張った。

 水谷選手は「優勝回数も一番多いし、強いイメージがある」と法政大進学を決め、「まずは春からメンバーに入って、チームの力になりたい。」と話す。そして、プロ野球に入った森選手の動向をメディアでチェックしており、「将来は森と同じ舞台で対戦できたら」と4年後のプロ入りを意識している。

 4年後に東京六大学屈指の遊撃手としてドラフト上位でプロ入りして欲しい。

 

埋まるか投打の穴

 昨年は河合完治選手、大城戸匠理選手、西浦直亨選手、木下拓哉捕手といった4年生が中心となり、リーグ屈指の打撃を見せていた。捕手、二塁手、遊撃手、センターがゴッソリと抜け、この穴を埋めるにはチームを1から作り直すくらいの覚悟が必要となる。3年生となる畔上翔選手が外野で、2年生となる金子凌也選手が内野の穴を埋める事ができるか、また水谷選手など1年生が穴を埋められるかでチームの順位が変わってきそうだ。

 また投手でも石田健大投手に続く2番手投手が今の所実績が少なく名前を挙げられることが出来ない。素質重視で獲得した投手達が成長して穴を埋めるか、1年生でプロに注目されていた宮本幸治投手や新井諒投手などがいきなりの活躍をしなければ、厳しい戦いになるかもしれない。

 

 高校では遊撃で、捕手の森とセンターラインを形成。強肩が売りでプロのスカウトから「ショートをやるために生まれてきた選手」と絶賛された逸材は「森が試合に出てヒットを打ったとか聞くと、負けられない」と闘志を燃やした。

 「優勝回数も一番多いし、強いイメージがある」と名門・法大に進学。元ヤクルトの宮本に憧れる遊撃手は「まずは春からメンバーに入って、チームの力になりたい。将来は森と同じ舞台で対戦できたら」と飛躍を誓った。

 大阪出身。初の東京暮らしには「電車が複雑すぎて、寮までの帰り方が…」と戸惑いを見せているという。それでも西武入りした同級生の森友哉の存在が刺激になっており、「森が頑張っている世界に行ってみたい」と4年後のプロ入りを見据えた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント