駿河台大、147キロ右腕・貫井大地投手が秘密兵器、東京新リーグの新たなドラフト候補

貫井大地, 駿河台大

昨年秋の東京新リーグの2部で優勝し、高千穂大との入れ替え戦で勝ち上がった駿河台大は、147キロ右腕・貫井大地投手を武器に、創価大・田中正義投手、流通経済大・生田目翼投手が抜けた東京新リーグに新たな風を巻き起こす。

東京新リーグ

昨年の東京新リーグは、これまでになく注目されたといってもよいと思う。創価大に156キロを投げる田中正義投手、151キロを投げる池田隆英投手がいれば、流通経済大に155キロを投げる生田目翼投手がいた。故障などで結局は最終学年での二人の投げ合いは見られなかったものの、多くの野球ファンやスカウトが足を運んだ。今年はその二人が抜け、足を運ぶスカウトの数は減るのは間違いないだろう。しかし注目を集めたリーグには今年も楽しみな選手がいる。

昨年秋の入れ替え戦で1部昇格を果たした駿河台大は、近鉄やヤクルトでプレーしていた野林大樹監督が就任して4年目を迎える。練習やプレー以外での、あいさつ、返事、時間厳守、身だしなみといった姿勢を正し、チームを立て直した。そして昨年、貫井大地投手が147キロを記録し、入れ替え戦では先発、リリーフ、リリーフと3連投で1部昇格に大きく貢献した。

貫井投手は川越総合高校出身で今年4年生となる投手で178cmの右腕投手。昨年春までは球速が130キロ台だったが、「春のリーグ戦の結果がふがいなくて、夏はただただ走っていました」と特訓をすると体重も7kg増えて82kgとなった。そして秋に147キロを記録した。

まだ先発として結果を残すことはできていない。リーグ戦では同学年の和田佳祐投手が秋に防御率0.47を記録するなどエースとしてもまだ認められてはいない。しかし昨年夏の急成長と、入れ替え戦でのリリーフとしての投げっぷりは、大きな可能性を見せてくれた。貫井投手は「野球をやめて就職活動ということも考えていましたが、上に行きたいという気持ちになりました」と、プロも視野に入れ始めている。

まずはそのピッチングで話題を呼び、スカウトに足を向けさせることができるか、そしてスカウトの前で活きの良い球を見せてプロへの手がかりを作りたい。

駿河台大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年度-東京新大学リーグのドラフト候補リスト

今春のリーグ戦の秘密兵器が、昨年急成長したエース貫井。「春のリーグ戦の結果がふがいなくて、夏はただただ走っていました」。猛練習しても壊れない頑丈さを野林監督もプロ向きと評価。ズボンのサイズはLからOになり、体重も7キロ増えて82キロ。春は130キロだった球速も秋は最速147キロに。リーグ戦こそ同級生の和田に活躍を譲ったが、高千穂大との入れ替え戦は3連投。1回戦は先発して2失点で負け投手になったが、2、3回戦はともに中盤からの救援で連勝。中央球界では無名だが、プロスカウトの目にとまる可能性も十分。「野球をやめて就職活動ということも考えていましたが、上に行きたいという気持ちになりました」


PAGE TOP