慶応大・斎藤来音選手選手が4年後に石川昂弥とプレー目指す

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

静岡高校で2年春、3年夏に甲子園に出場し、プロからも高校屈指の外野手として注目されていた斎藤来音選手が、慶応大の練習に合流した。

ドラゴンズで

斎藤来音選手は2年春の甲子園でプロのスカウトも注目する活躍を見せると、昨年は冬にヘルニアの手術を受けた事により調子を落としていたが、夏の甲子園・津田学園戦で前佑囲斗投手(オリックスドラフト4位)から2安打を打ち、センスの良さを見せていた。スカウトも高校生外野手トップクラスと評価する声もあったが、AO入試で慶応大を受験し合格した。

この日、慶応大の練習に合流した斎藤選手は、「雰囲気が明るく、選手同士が声をかけあったりする姿は高校にはなかったです」と慶応大野球部の雰囲気に触れて実感をし、そして、「郡司さんたちのように、チームを日本一に導いてプロに行くのが理想です。」と話した。

斎藤選手は小学6年生に時に中日ドラゴンズジュニアに選ばれ、石川昂弥選手と一緒にプレーをしていた。ドラフト1位で中日入りした石川選手について、「4年後に昂弥と一緒に野球ができたらいいですね」と4年後に同じ舞台に立つことを誓った。

石川選手や郡司選手の話をしている所を見ると、中日でプレーしたいという気持ちが伝わってくる。4年後に中日が注目する選手となり、郡司・石川とチームを引っ張っていける存在になりたい。

静岡高・斎藤来音選手が慶応大に合格
静岡高校でプロが注目した外野手の斎藤来音選手が、慶応大に合格した。来年から東京六大学でプレーが見られそうだ。

4年後の目標はプロ入りだ。中日のドラフト1位・石川昂弥(東邦高)は、小学校時代にドラゴンズジュニアでチームメートだった。「郡司(裕也)さん(中日ドラフト4位)たちのように、チームを日本一に導いてプロに行くのが理想です。4年後に昂弥と一緒に野球ができたらいいですね」。夢に向かって、力強く第一歩を踏み出した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント