関大の147キロ左腕・高野脩汰投手「プロ志望です」高校の時から

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

関西大で181cmから最速147キロの速球を投げる高野脩汰投手、昨年秋のリーグ戦で4勝0敗、MVP、最優秀投手、ベストナインの3冠を獲得した。「プロ志望です。高校時代から行きたいと思っていました」と話し、プロへの思いが強い。

怖さを感じるフォーム

高野脩汰投手は島根・出雲商出身の左腕投手で、高校時代から長身左腕で将来性を評価する声が挙がっていた。甲子園出場はならなかったが、名門・関西大に進むと細かった体を鍛え、最速は147キロを記録するまで成長した。

その中でフォームは独特のものがある。頭の後ろで小さくテイクバックをすると、体の軸を使うのではなく、体全体を前へかぶせるようにして、折りたたんだ腕がグンと延びてくる。頭も大きく使う投球で、巨人やレッドソックスで活躍した岡島秀樹投手に近い感じがする。

課題もありそうだが、関西大でアドバイザーをしている元プロの山口高志氏は「しっかりと背筋が使えた良いフォーム」と話し、当初を伸ばした。この投球で昨年秋は4勝0敗の成績を残し、プロ注目の投手となった。

高野投手は。「プロ志望です。高校時代から行きたいと思っていました」と話す。昨年秋から今年にかけても体重を5kg増やし、これまで投げていたフォークを磨いている他、チェンジアップの習得にも取り組んでいる。キャンプに入って肘を痛め、やや出遅れており、3月4日のカナフレックスとの練習試合では、約1カ月の登板で3回3安打6四死球で4失点と今一つだった。

それでも春季リーグ戦の開幕が伸びた事で、練習自体ができないかもしれないが、遅れを取り戻すこともできるかもしれない。実戦ができる状態になれば、高野投手の投球は一度はチェックしたい。

2020年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

「プロ志望です。高校時代から行きたいと思っていました」

現役時代に阪急で通算50勝を挙げ、引退後は阪急、オリックス、阪神で投手コーチを歴任し、現在は母校・関大でアドバイザリースタッフを務める山口高志氏からも「しっかりと背筋が使えた良いフォーム」と、お墨付きをえたという。このフォームには球威を生み出すだけでなく、ボールの出所を見づらくする長所もある。そして打者に恐怖を与える躍動感を備える。しかも左腕。プロでもニーズがある存在であることは、間違いない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント