法大・三嶋一輝投手、練習試合で3回5安打3失点

法大, 三嶋一輝

法大の155km/h右腕、三嶋一輝投手がJR東日本東北との練習試合で先発し、140km/h中盤を記録したものの、3回5安打3失点と課題の残る結果となった。

球速については申し分ないが、打たれるストレートでは厳しい。かつて明大の一場投手なども球速はあるものの打ちこまれプロでは活躍ができていない。三嶋投手はリリーフで登板する時は力を込めて投げそれが迫力となってバットを押しこむ雰囲気があった。最近はそういうピッチングもなかなか見られなくなり、特に先発になると急に打ち込まれる場面も見られた。まだ監督も先発で起用するかリリーフで起用するかを決めていないようだが、たしかにこれだけ力があれば先発で起用したいところだろうが、早大の大石投手のように抑えで活躍させてあげたい気もする。

  • 法大の注目選手一覧!
  • 今秋ドラフト候補の法大・三嶋 社会人に3回3失点 - スポーツニッポン:2012/02/27

    東京六大学野球の法大が、キャンプ地の鴨川市営球場でJR東日本東北と今年初のオープン戦を行い、0―10で敗れた。

     今秋のドラフト候補・三嶋(3年)は先発で3回5安打3失点。140キロ台中盤の直球を軸に組み立て「社会人には高い球は通用しない。制球力がまだまだ未熟だと感じました」と課題を挙げた。金光興二監督は「リーグ戦では先発か後ろ(抑え)か、まだ決めていない。開幕までに課題を克服してほしい」と期待を寄せた。


    PAGE TOP