2018年センバツ大会ドラフト候補番付

ドラフト番付 高校野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

2018年のセンバツは、大阪桐蔭の優勝で幕を閉じました。投手と野手のドラフト番付をいたします。

2018年センバツドラフト番付

投手 野手
  横綱  
市川悠太明徳義塾 大関藤原恭大大阪桐蔭
根尾昂大阪桐蔭大関根尾昂大阪桐蔭
井上広輝日大三2年関脇林晃汰智弁和歌山
奥川恭伸星稜2年関脇増田陸明秀日立
柿木蓮大阪桐蔭小結芳賀大成明秀日立
土居豪人松山聖陵小結中川卓也大阪桐蔭
  小結森下翔太東海大相模
  小結日置航日大三
  小結門叶直己瀬戸内
横川凱大阪桐蔭前頭1井元将也おかやま山陽
中村奎太日大三前頭2渡部雅也日大山形2年
沢田龍太富山商前頭3上田優弥日本航空石川
扇谷莉東邦前頭4大谷拓海中央学院
生井惇己慶応前頭5矢吹栄希聖光学院
川原陸創成館前頭6冨田泰生智弁和歌山
細川拓哉明秀日立前頭7近藤翔真国学院栃木
増居翔太彦根東前頭8新保利於瀬戸内
斎藤礼二東海大相模前頭9小幡竜平延岡学園
定本拓真三重前頭10村松開人静岡
遠藤成東海大相模2年前頭11小松勇輝東海大相模
大谷拓海中央学院前頭12成瀬和人静岡
重吉翼日本航空石川2年前頭13北村恵吾近江
伊原陵人智弁学園前頭14南保良太郎星稜
黒河竜司英明2年前頭15松浦 佑星富島
竹谷理央星稜十両林琢真東邦
鶴田克樹下関国際十両斎藤来音静岡
川釣聖矢智弁学園十両小泉航平大阪桐蔭
有本雄大おかやま山陽十両石川昂弥東邦
川畑大地乙訓十両宮崎仁斗大阪桐蔭
 林大毅東筑 十両山田健太大阪桐蔭
佐藤亜蓮 由利工十両富里尚史松山聖陵

投手の評価

投手では大会前から評価を上げたのは、明徳の市川投手と大阪桐蔭の根尾投手、富山商の沢田投手、彦根東の増居投手、三重の定本投手だろう。市川投手は終盤のイニングでまとめて失点する変なクセを見せてしまったが、立ち上がりから中盤までの投球は素晴らしかった。根尾投手も投手としての力を十分見せた。定本投手は冬のフォーム修繕によって球の伸びが出ていた。大阪桐蔭を抑えた力は評価できる。増居投手も9回までノーヒットノーランピッチングは素晴らしく、広島・苑田スカウト部長が高く評価した。

土居投手はプロのスピードガンで148キロを記録し、素材としては最も高い評価と言ってよい。しかし、昨年秋はもっと試合を作れていただけに、9回を完封するくらいのものは見てみたかった。

柿木投手は、まだ昨年夏の方が球の勢いがあった印象で、徳本投手のように勝てるピッチングを意識してか、総合力は確かに高くて抑えてしまうが、もう一つという印象。横川投手、扇谷投手も、たまにすごい球を投げるのだが、全国クラスでは1試合を任せらる状況ではなく、課題は大きい。

細川投手、大谷投手、生井投手、斎藤投手など、関東を代表する投手達は、自分の持っている投球は見せられたと思うが、プロを目指すにはもう1ランク、2ランクの成長が必要だろう。

2年生の井上投手と奥川投手は、目を見張る速球を何球か投げていた。この球が投げられる割合を増やしていければ、来年のドラフト上位候補に入ってくる。

野手の評価

大会前と評価はほぼ変わらず、特に目立った選手というのもいなかった。

大阪桐蔭の藤原選手は故障の影響はそれほど感じさせない足や守備を見せた。昨年センバツのような爆発力は無かったが、不調な状態でも結果を残せるようになり、安定感も出てきた。根尾選手は、フルスイングは変わらずだが、確実に当てる打撃も見せた。またショートからの肩の強さは一級品。

打席の中で怖さを見せたのは、智弁和歌山の林選手と明秀日立の芳賀選手だった。林選手の打席では投手が恐れを隠せなかった。ホームランも1本きっちり放ち、逆方向への当たりは、プロのスカウトの評価を確実にさせるものだったと思う。芳賀選手もバッターボックス内で体が大きく見え、フルスイングからの当たりはスタンドには入らなかったものの、痛烈なものだった。

増田選手は本能に任せたプレーを発揮、初球から振りぬき、果敢に走り、守備でも攻めていく。身体能力が高く、プロでもスター性があるのではと感じる。中川選手、日置選手は引き付けて打つ打撃で、パンチ力も見せた。しっかりと球を見極めてから打てるので高い打率を残す。相手投手やどんな球にも対応できそうだった。

大会前から注目された森下選手は、今大会は痛烈な当たりというのは見られなかった。スマートな打撃で林選手のような怖さは感じられなかったが、しかしスイングは良かった。瀬戸内の門叶選手は初戦だけだったが、引き付けての広角に打つ器用さがあり、意外と足もあった。

今年のドラフト指名は

今年のドラフト視点で考えると、指名レベルでは、投手は市川投手、根尾投手、土居投手の3人、柿木投手、横川投手は大学などでもう少し見たいという気もするが、指名して獲得できれば、プロでも育っていく力がある。

野手では藤原選手、根尾選手、林選手、増田選手、芳賀選手、森下選手の6人。日置選手と中川選手は大学でかなりの成績を収めてからドラフト上位で指名されそうな感じ、門叶選手、井元選手は今年のドラフトで指名をして、プロで育ててみたい。

2018年度-高校生のドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント