スポーツ報知でドラフト大特集、セリーグの戦略の概要

有原航平, 山崎康晃, 石田健大, 山崎福也, 安楽智大, 岡本和真, 佐藤正尭, 加藤匠馬

 スポーツ報知はドラフト会議の特集を組み、12球団の戦略について紹介している。また、2014年のドラフト候補82人の一覧を掲載している。

12球団の戦略は

 12球団の戦略の概要部分をまとめると以下の通り。

巨人

 実力派投手の上位指名、早大・有原航平投手、亜大・山崎康晃投手、明大・山崎福也投手をチェック。高校生では済美・安楽智大投手、盛岡大付・松本裕樹投手など。

 また中継ぎもできる左腕として、中大・島袋洋奨投手、平成国際大・佐野泰雄投手、三菱日立パワーシステムズ横浜・福地元春選手も予想される。

 

広島

 早大・有原航平投手について、「高校時代から驚くほど成長した」と話すが、「競合する確率が選手にいくのかの判断となる」としている。

 盛岡大付の松本裕樹投手の評価が高く、他の上位候補に、西日本短大付・小野郁投手、横浜・浅間大基選手、中部学院大・野間峻祥選手、捕手として青学大・加藤匠馬選手の名前が挙がる。

 

阪神

 早大・有原航平投手、済美・安楽智大投手に注目しているが故障を抱えており、当日まで情報収集をして決める。そのため「いろいろ考えておかないと」と中村GMが話し、亜大・山崎康晃投手、NTT東日本・高木伴投手も1位候補に。

 高校生では智弁学園の岡本和真選手にほれ込んでいる。2位は将来性枠としているが、今年はどうなるか。

 

横浜DeNA

 済美・安楽智大投手、盛岡大付・松本裕樹投手を評価、松本投手に「上位候補」としている。またシーズンで左腕の先発が0勝となっており、法大・石田健大投手、明大・山崎福也投手に注目。

 鶴岡捕手が移籍し捕手の指名も検討、地元枠で横浜・浅間大基の指名も。

 

中日

 落合GMが「左投手、捕手、俊足や右打ちの野手が足りない」と話し、左投手の明大・山崎福也投手、法大・石田健大投手を視察しドラフト1位候補筆頭。ただし、安楽智大投手、前橋育英・高橋光成投手、早大・有原航平投手は中田スカウト部長がモノが違うと評価。

 他には春江工・栗原陵矢捕手に注目し、下位で遊撃手を狙い、愛知啓成・佐藤正尭も有力候補。

 

東京ヤクルト

 最有力は早大・有原航平投手。その他では亜大・山崎康晃投手、智弁学園・岡本和真選手の評価が高い。

 

セリーグは

 セリーグは巨人、広島、阪神、東京ヤクルトが早大・有原航平投手に、中日と横浜DeNAが安楽智大投手といったところになりそうだ。新たに得られた情報は、中日の愛知啓成・佐藤正尭選手、広島の青学大・加藤匠馬指名といったところ。

 広島は2位、3位で中部学院大・野間峻祥選手を指名するとみられる。

 

2014年プロ野球ドラフト会議 12球団の戦略は? スポーツ報知紙面 2014/9/26

 


PAGE TOP