社会人オール広島選抜が広島カープを2安打完封、鈴木誠也選手は2ベース放つ

社会人野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース プロアマ交流戦 2013年ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 JFE西日本、伯和ビクトリーズ、三菱重工広島といった広島の社会人チーム選抜(オール広島)と広島カープの練習試合が行われた。この対戦は毎年恒例となっているが、今年は社会人選抜が広島をわずか2安打に抑え、5-0の完封勝利を挙げた。

 オール広島の先発は伯和ビクトリーズの5年目・藤原雄太朗投手、182cmの大型左腕で滝川二、八戸大出身でストレートは140kmを越すか越さないかという所だが、キレのある球を投げる。この日は4回を投げて2安打2奪三振2四死球で内野ゴロを打たせていた。

 2番手はJFE西日本の藤井主文投手、PL学園出身の173cmの左腕で、3イニングを投げて1奪三振1四球でノーヒットに抑えた。3番手はJFE西日本の森川達哉投手、185cmの大型右腕投手で147km/hの速球を投げる今年のドラフト候補。8回から登板すると、8回は1四球に味方のエラーでランナーをためるも三振でピンチを脱すると、9回は3者凡退に抑えて、2回を1奪三振1四球でノーヒットに抑えた。

 広島ではルーキーのドラフト2位・鈴木誠也選手が藤原投手から2ベースヒットを放ち、また8回に四球で出塁すると盗塁を決めるなど、天谷選手、ニック選手、岩本選手などの1軍メンバーがいる中で、一番活躍をしていた。

 社会人選手もかなり自信になったことだろう。広島勢の活躍に注目。

 

 広島が社会人オール広島との交流戦で赤っ恥をかいた。先発した育成選手の池ノ内が3回2死一塁から押し出しを含む3連続四死球を与え、失策も絡んで一挙4失点すれば、打線も散発2安打と低調で三塁すら踏めずに終わった。

 

 2軍主体とはいえ、06年から始まった交流戦で喫した初黒星。指揮を執った野村監督は「相手には必死さ、思い切りのよさを感じた。屈辱感を忘れず練習してほしい」と奮起を求めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント