181cm大型左腕・東洋大・能間隆彰投手に巨人、千葉ロッテが視察

東洋大, 能間隆彰

 昨秋2部に降格した東洋大、しかし今年もドラフト候補がいる。1季での一部復帰を目指す東洋大が恒例の鴨川キャンプをスタートし、181cmの大型左腕・能間隆彰投手の視察に、千葉ロッテ、巨人のスカウトが訪れた。

 能間投手は181cm85kgの大型左腕で、ダイナミックなフォームから143km/hのストレートを投げる。昨秋に頭角を現し、亜大戦では九里亜蓮投手と投げ合って完投し1安打10奪三振に抑えるも、エラーと暴投で0-1で敗れたが、力強いピッチングを見せた。また青学大戦でも8回途中まで4安打に抑えるピッチングを見せている。

 実績が少なく安定度もまだまだだが投球に迫力があり、左腕という事もありドラフト上位候補といわれている。最もアピールができる春季リーグ戦を2部で戦わなければならないため、プロのスカウトも評価が難しいところだろうが、プロのスカウトも2部に通うことになりそうだ。

 秋に一部復帰し、秋季リーグ戦で活躍を見せれば、一気にドラフト1位候補に躍り出る可能性もある。大いに注目したい。

 

プロ注目左腕の東洋大・能間がキャンプ - デイリースポーツ:2013/2/10

 今秋ドラフト候補の能間隆彰投手(3年=桐蔭学園)はブルペンで113球を投じ、巨人、ロッテの2球団のスカウトが視察した。主将にも就任した左腕は「負けたのは自分のせい。後輩のためにも上(1部)に上げて終わりたい。その後で、プロに行けるのであれば行ってみたい」と抱負を口にした。

東洋大・能間「秋は神宮で」1部目指す - ニッカンスポーツ・コム:2013/2/10

 ドラフト候補左腕の主将、能間隆彰投手(3年=桐蔭学園)はブルペンで投球練習を行った。「まだボールが高くて、万全ではないです。100%の力で低めに投げられるようにしたい。秋は神宮で戦いたい」と1部昇格を目指す。


PAGE TOP