読売ジャイアンツの2010ドラフト戦線と2011ドラフトの展望

菅野智之, 斎藤佑樹, 沢村拓一, 2010ドラフト, 2011年ドラフト展望

セリーグ3位に終わった読売ジャイアンツ、2010年のドラフトはチーム建て直しの第一歩となりました。2010年のチーム状況、ドラフト戦線から2011年のドラフトの動きを予想してみます。

2010年シーズン

2009年は貯金40以上の大差をつけてセリーグを制覇し、日本シリーズでも安定した戦いをみせて日本一を達成した巨人、特にゴンザレスの15勝2敗、グライシンガーの13勝6敗の貯金が大きくモノを言い、高橋尚成も10勝6敗と先発の役割を果たした。中継ぎの山口と越智で17勝を挙げるなど中継ぎもフル回転したものだった。ただし期待の内海、東野で17勝19敗と貯金ができておらず、高橋尚成がメジャー移籍することで日本人の先発の軸に不安が残った。ドラフトでは前年から1位指名を確定していた長野久義を指名、2位でも強肩捕手の鬼屋敷を指名するなど先発投手の補強は無く、中継ぎの山口を先発に転向させたほかFAで藤井秀悟を獲得したのみであった。そして頼みのグライシンガーがケガで出遅れ、大きな不安を持ちながら開幕を迎えることになる。

野手は小笠原、阿部、ラミレスの安定度は抜群で、1番坂本、2番松本が頭角を現し、唯一の弱点である中軸を固める選手も長野、亀井とそろい万全の体制でのぞむことができた。

シーズンでは当初、坂本、松本、小笠原と投手では東野、内海が活躍し最高のスタートダッシュを切り不安は無いかに見えた。しかしゴンザレスが勝ち星を残せず、先発に転向した山口も結果を残せず、中継ぎも越智1人に大きな負担がかかっていた。シーズン中盤になると松本がケガをして離脱すると坂本にあたりが止まる。投手陣も山口をリリーフに回したものの越智が結果を残せなくなってしまい、先発ではトレードで獲得した朝井が活躍をみせたものの、東野も成績を残せなくなってしまい先発は苦しい状態が続いた。終盤は阿部も打率を残せなくなり、中日、阪神に抜かれて3位で終わってしまった。

外国人便りの先発の穴を内海、東野だけでは補えず、FAトレードで獲得した藤井、朝井が勝ち星を残したものの、西村、野間口、福田、金刃といった生え抜きの選手の成長が見られなかった。野手でも、坂本、松本、ラミレス、阿部、長野が3割中盤をマークする月もあれば、2割前半で低迷する月もあるなど波が大きく、安定感を欠く打線となってしまった。その中で、中継ぎの久保が越智に代わって活躍した事、最終的に東野が13勝を挙げてエースとしての自覚をみせたことが明るい点となった。

2010年ドラフト戦線

先発投手の不安点が明らかとなり、ドラフト戦線は即戦力投手の獲得を第一として動いていた。特に早稲田大・斎藤佑樹、中大・沢村拓一にはかなり強いマークをしており、一時はエースとしての力もあり人気もある斎藤佑樹の指名可能性が高まったが、チーム状況が悪く優勝を逃したことで、より即戦力の先発投手が望まれるようになり中大・沢村拓一投手一本に絞られる。そして10月8日、報知新聞の1面で「沢村、巨人!」の報道により巨人1位沢村拓一の流れができた。ドラフトでは単独指名ができるかが焦点となったが、他の候補として高校の時に指名をしていた早稲田大の福井優也、また高校NO1投手と評価していた糸満の宮国椋丞などをリストアップしていたものと考えられる。

2010年ドラフト会議

  • 菅野智之投手の1位指名を発表した。2010年沢村、2011年菅野、そして2012年東浜巨投手という先発投手陣の補強プランが見える気がする。ただしそれには大田、中井、田中といった若手野手の成長が必要となってくる。特に大田の成長度によっては早めにドラフト1位で主軸野手を獲得しなければならないかもしれない。


  • PAGE TOP