福岡ソフトバンクのドラフト1位・甲斐野央投手が仮契約、リリーフで勝負する

東洋大, 甲斐野央

福岡ソフトバンクは、ドラフト1位で指名した東洋大の甲斐野央投手と、契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1500万円で契約に合意した。プロでもリリーフとして勝負することを話した。

活躍できるポジションは中継ぎ、抑え

甲斐野央投手は185cmから最速159キロの速球を投げ、大学のリーグ戦ではリリーフで登板し、低めに変化球を織り交ぜて抑える投球を見せる。球威でバンバンと抑えていくタイプではなく、先発としてもできそうな感じもするが、甲斐野投手は「活躍できるポジションは中継ぎ、抑え。将来的に目指すところはそこだとおもう」と、リリーフエースとして投げる事を目標とした。

福岡ソフトバンクは、昨年はサファテ投手、今年は森投手が活躍するなど豪華なリリーフ陣がいる。今年はサファテ選手、岩崎投手が手術をして登板できなかったが来年には復帰をする見込みで、また今年リリーフで活躍した加治屋投手などもいる。

その中でソフトバンクは1位で甲斐野投手、2位でこちらもリリーフで投げていた杉山一樹投手を指名した。どちらかが先発になるだろうとみられていたが、杉山投手はプロでは先発で投げる事も示唆しており、甲斐野投手がそのままリリーフという事になりそうだ。

甲斐野投手のストレートは150キロ前後で球速は十分も、当てられる所もある。しかし140キロ台を記録するフォークボールは必殺球になる可能性がある。プロでリリーフとしてどのような進化をしていくのか、注目してゆきたい。

2018年ドラフト会議 指名選手一覧

大学時代は主にリリーフを務め、MAX159キロの直球と落差の大きいフォークが武器。大学日本代表にも選出された。「活躍できるポジションは中継ぎ、抑え。将来的には守護神を目指したい」と意気込んだ右腕だが、その壁は高い。

東洋大では抑えを務め、最速159キロを誇る1メートル85の大型右腕。プロでもリリーフとして勝負する覚悟で、「将来的に目指すところはそこ(抑え)だと思う」と力を込めた。


PAGE TOP