藤浪晋太郎投手vs大谷翔平選手は、大谷選手が2安打記録、これからも長く続く対戦でお互いに成長した姿を見せて欲しい

大谷翔平, 藤浪晋太郎

 阪神ドラフト1位の藤浪晋太郎投手と北海道日本ハムのドラフト1位・大谷翔平選手の対戦が行われた。

 大1打席は藤浪投手が150km/h台のストレートで追い込み、変化球でレフトフライに打ち取ったが、第2打席は大谷翔平選手がうまくレフト前にはじき返すと、レフトの守備を見てセカンドを落とし入れる走塁のセンスを見せた。また第3打席もストレートを右中間にはじき返し、ゴロでフェンスに到達するする痛烈な打球を見せた。

 打撃のセンス、走塁のセンスも抜群なものがあった。まだ怖いもの知らずで果敢に向かっていっている結果だと思うが、それでもチーム唯一のマルチヒットを放ち、150km/h台のストレートも難なく攻略した。

 ただし、まだ始まったばかり。藤浪投手もストレートにこだわっているような雰囲気もあったし、何より初回に6-0と点差が開いてからの対戦でもあった。

 今後、大谷選手は厳しいインコース攻めや変化球ばかりの勝負など、プロの厳しさを味わう事になるだろうし、藤浪投手も4勝を挙げたものの、ストレートで三振を奪う事は難しくなってきており、甘いストレートを打たれる場面も増えてきている。球のキレやコントロールなどが求められ、1段上のピッチングをしなければならないだろう。

 これからも二人の戦いは行われる。その時、二人が一歩一歩階段を上っていっている姿を見せ合って、名勝負がさらに名勝負となるように期待している。またそれが楽しみだ。


PAGE TOP