大阪桐蔭・森友哉選手が再び甲子園へ、5打数4安打3打点記録、阪神、巨人、東京ヤクルト、オリックスなどのスカウト絶賛

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース オリックスドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 センバツ7日目は優勝候補の大阪桐蔭が出場校のいちばん最後に登場、遠軽高校と対戦した。

 今年のドラフト1位目玉候補、森友哉捕手は第1打席にセンター前にヒットを打つと、その後、レフト前、ライトフェンスダイレクトの2ベース、再びライト前と4安打3打点を記録した。

 打席では膝を曲げ腰を落として低く構える。170cm前半の身長だが決して小さく見えず、バットを高く掲げて微動だにせず相手投手を食い入るように見る。

 ヘッドが下がらずに振りぬかれたバットで打球がはじき返され、痛烈に外野まで飛んでいく。これで甲子園通算20本のヒットとなった。森選手は甲子園でのプレーについて「アドレナリンがすごく出るのでハッスルできる場所です。」と話した。そして3連覇について「プレッシャーを与えてもらったほうがやりがいがある。期待に応えたいと思うから」と、前向きなコメントをしている。

 スタンドではプロのスカウトが森選手を見つめた。コメントは以下の通り
阪神・畑山俊二スカウト:「打つことに関しては、今さらどうこう言うことはない。あとは捕手として主将として目配りする部分も見極めたい」
福岡ソフトバンク・永山勝スカウト部長:「体は小さいが、楽しみな選手。バットコントロールがいい。(捕手として)十分プロでやっていける。」
東京ヤクルト・鳥原チーフスカウト:「バッティングが力強い。強い打球を広角に打ち分けられる。うちはキャッチャーだけに限定することなく、内野も含めて幅広い可能性を見てゆきたい」
巨人・山下スカウト部長:「あれだけリストが強ければ木のバットでも十分対応できる。野球に対する頭、姿勢も素晴らしい。肩が強くてフットワークがいい。済美の安楽君と対戦したらどんなバッティングをするか楽しみですね。」
北海道日本ハム・山田GM:「即戦力に近い選手。キャッチャーがいないチームなら、すぐに試合に出られる。体が強くてバッティングも守備もいい。」
オリックス・古屋編成国内G長:「リードも良い。ヘッドスピードがとにかく速くて、例えるなら小笠原の全盛期みたい。」

 東京ヤクルトは捕手だけでなく内野手としても考えているようだ。巨人の山下スカウト部長も絶賛している。今年は捕手も指名するとしているだけに注目だが、森選手よりも桐光学園・松井裕樹投手の指名の可能性が高いと見られる。

 森友のセンバツがついに幕を開けた。初回に峯本匠のソロで1点を先制し、なおも1死。内角直球を詰まりながらも中前へ運び2013年甲子園初安打を記録すると、勢いづいたバットから次々と安打が生まれた。

   3回無死から左前安打を放つと、6回2死一塁では右中間フェンス直撃の適時二塁打。8回1死満塁では右前へ2点適時打を運び、遠軽にとどめを刺した。「アドレナリンがすごく出るので、ハッスルできる場所です」。“ホームグラウンド”と自負する甲子園で、ネット裏に並んだスカウト陣に打撃力を見せつけた。

   1番打者として春夏連覇に貢献した昨年は、1試合3安打が最高。それを、3季連続優勝のプレッシャーがかかった初戦でいきなり上回った。4安打3打点の固め打ちで、甲子園通算打率は4割6分5厘に上昇。同じ大阪出身で、83年~85年にPL学園の4番として甲子園を沸かせた清原和博氏(45)の通算打率4割4分を超えた。森友は11試合、清原氏は26試合と試合数は違うが、甲子園が生んだ歴代スターに肩を並べつつある。

「一番楽しいグラウンドが甲子園。アドレナリンが出るしハッスルできる」。昨年も藤浪(阪神)とバッテリーを組み、春夏連覇に大きく貢献した。甲子園では通算11試合で43打数20安打、打率・465、3本塁打。まさに聖地の申し子だ。

   大会直前に主砲の近田(きんでん)が骨折で離脱。エース葛川も1月に負った右足のケガで万全ではない。しかし、西谷浩一監督が言う「危機的状況」をカバーできるチーム力がある。森友は「つないで得点することができた」と胸を張った。

  ▼阪神・畑山俊二スカウト 打撃は素晴らしいし、今さらどうこう言うことはない。

   ▼ソフトバンク・永山勝スカウト部長 体は小さいが、楽しみな選手。バットコントロールがいい。(捕手として)十分プロでやっていける。

   ▼阪神・藤浪 朝、(宿舎で)起きたらテレビでやっていたので、ちょっと二度寝しましたけど見ました。まあ、思い通りの展開になったと思います。

大阪桐蔭・森友、4安打!11点爆勝/センバツ  - サンケイスポーツ:2013/3/29

 阪神・畑山スカウトは「打つことに関してはすばらしい。今さらどうこういうことはない」と絶賛し、試合後に開いたスカウト会議で、改めて今秋のドラフト1位候補であることを確認した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント