侍ジャパンU18代表選考会議、早稲田実・清宮幸太郎選手、履正社・安田尚憲選手など約50人リストアップ

清宮幸太郎, 安田尚憲

侍ジャパンU18代表の一次候補を選出する会議が行われ、早稲田実・清宮幸太郎選手や、履正社・安田尚憲選手など約50人がリストアップされた。

決勝後に発表

この日はリストアップされた候補の発表は無く、センバツ大会終了後に発表される。野手では清宮選手、安田選手の左のスラッガーは入ってくるだろうとみられ、他にも作新学院の鈴木萌斗選手、中島淳選手、福岡大大濠の古賀悠斗捕手なども選出されそうだ。

投手では福岡大大濠の三浦銀二投手、鋭いスライダーを持つ日大三の櫻井周斗投手、コントロールに安定感のある東海大市原望洋・金久保優斗投手、左で鋭い変化球もある川端健斗投手、成長株の報徳学園・西垣雅矢投手などが選ばれるか。

また、今大会は2年生の活躍も目立ち、報徳学園の小園海斗選手、早稲田実の野村大樹選手、大阪桐蔭の根尾昴選手、藤原恭大選手、健大高崎の山下航汰選手なども注目される。なかなか2年生が入るのは難しいが、選出されるかどうか注目したい。

2017年センバツ高校野球ドラフト番付

昨年の侍ジャパンU18日本代表第1次候補選手

U―18W杯(9月、カナダ)に出場する侍ジャパン高校日本代表の1次候補を選定する技術振興委員会が28日、甲子園球場で行われ、早実・清宮、履正社・安田ら約50人がリストアップされた。


PAGE TOP