桐光学園・谷村然投手は東京六大学進学を視野に

桐光学園, 谷村然

桐光学園の谷村然投手が、東京六大学への進学を視野に入れていることが分かった。

背番号10で最後の夏

谷村然投手は中学時代に湘南ボーイズで全国制覇をし、鳴り物入りで桐光学園に入学した。1年時から140キロ前後のストレートを投げ、変化球も含めてプロのスカウトも球質を評価していたが、3年になっても球速は最速143キロ、春に東海大相模に5回を投げて5失点とチームのエースとしての信頼を勝ち取れず、最後の夏は背番号10を背負う事になった。2年生左腕の安達壮汰投手が抜群の安定感を見せていた。

この日、チームは浦和学院と練習試合を行い、谷村選手は7回を投げて9安打を許すも、8個の三振を奪って2失点に抑える好投を見せた。試合も3-2で勝利し、野呂監督も「浦和学院相手にこの時期に期待通りの投球をしてくれて、チームの自信になったと思う」と話した。

谷村投手は学力も優秀で、進路については東京六大学の大学に進学することを視野に入れているという。この夏に大きく羽ばたき、東京六大学でエースとして信頼される投手となって、その先の野球にも羽ばたいて行ってほしい。

桐光学園高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2019年度-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト

昨年の夏と秋は背番号「1」。春の県大会決勝で東海大相模に5回5失点を喫し、この夏は「10」で臨むが、胸の中にはエースと同じ熱さがある。文武両道を目標に選んだ桐光で成績も優秀で、東京六大学への進学を視野に入れている。


PAGE TOP