加藤学園、2年生・吉村海音投手が139キロ3回完全、エース・肥沼峻投手も4回7K

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

加藤学園はこの日、藤枝明誠と練習試合を行うと、2年生の吉村海音投手が3回を完全投球、エースで143キロ右腕の肥沼峻投手も4回7奪三振の投球を見せた。

スポンサーリンク

夏の甲子園交流戦へ

初の甲子園出場を決めていたセンバツが中止となり、落ち込む気持ちは大きかっただろう。しかし、8月に甲子園交流戦が開催されることが決まり、甲子園の土を踏めることになった。

その加藤学園はこの日、藤枝明誠と練習試合を行うと、3年生のエース・肥沼峻投手ではなく、2年生の吉村海音投手が先発した。吉村投手は昨年秋は肩痛のためベンチ入りできなかったが、センバツでは背番号10を付けて出場する予定だった。

吉村投手は最速139キロの速球をインコースにスバスバ投げ、チェンジアップでタイミングを外して内野ゴロを打たせた。3回を投げて打者9人をパーフェクトに抑え、2つの三振を奪った。

また4回からはその2年生の投球を受けたエース・肥沼投手が登板すると、4回を投げて2安打を許したものの7つの三振を奪い貫禄を見せた。肥沼投手は、「公式戦で勝たないと意味がない」と話し、「まずは県で優勝したい」と静岡を制しての夏の甲子園交流戦に出場することを誓った。

2年生・吉村投手の前でエースとしての投球を見せ、大きなものを残して来年の甲子園出場に繋げる。

加藤学園高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
加藤学園・吉村海音、3回をパーフェクト 藤枝明誠に昨秋のリベンジ
 8月に甲子園で行われる「交流試合」に出場する加藤学園が14日、藤枝明誠と同校グラウンドで練習試合(7回制)を行い、2―0で勝利した。明誠は昨秋の県決勝でサヨナラ負けした因縁の相手。先発を任された2年
加藤学園・吉村3回完全「先輩のために」成長見せた - 高校野球 : 日刊スポーツ
加藤学園が、昨秋のリベンジを果たした。14日、藤枝市内で藤枝明誠と戦い、2-0で快勝した。先発した吉村海音(かいと)投手(2年)が、3回無安打無失点の好投。1… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント