誉・イヒネイツア選手の夏終わる、「ずっと練習は続ける」

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

プロ注目の内野手・イヒネイツア選手はこの日も3塁打1本、2塁打2本の活躍を見せたが、チームは西尾東に敗れた。

スポンサーリンク

走攻守すべてを

2回戦で高校通算18号となるホームランを放ったイヒネイツア選手は、この日も長打を3本打って4打数3安打3打点の活躍を見せた。しかし、チームが敗れ「ヒットを打てて勝てたなら、うれしいけど、負けたら終わり。悔しい」と涙を見せた。

184cmの大型遊撃手で、高いコンタクトの力とバットを軽く感じさせるようなスイングスピードで、外野の頭を超す打球を次々と打つ。高校生内野手では屈指の選手として、プロ側も高く評価していると見られる。

進路はプロ志望で、ドラフト会議に向けて「ずっと練習は続ける。走攻守すべてをレベルアップさせる」と話した。

内野手の獲得を目指す球団を中心に、昨年の横浜DeNAがドラフト3位で指名した粟飯原龍之介選手くらいの評価になりそうで、ドラフト4位前後での指名が予想される。

2022年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・愛知大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球・愛知大会は昨年ほど豪華ではないものの、今年、来年のドラフト会議で注目されそうな投手・野手がいる。ドラフト注目度はA
愛知:東浦、中京大中京破る 7回集中打で6点圧倒:地域ニュース
第104回全国高校野球選手権愛知大会は17日、9球場で継続試合を含む2、3回戦20試合が行われた。昨夏ベスト4の中京大中京は、東浦に集中打を浴び1―8の七回コールドで敗れ、姿を消した。シード校8校のうち、昨夏優勝の愛工
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント