今日プロ野球キャンプスタート、注目のルーキー【パ・リーグ編】

ルーキーニュース

今日から一斉にスタートするプロ野球キャンプ、各球団の注目選手を紹介します。まずはパ・リーグ編。

スポンサーリンク

福岡ソフトバンク

ルーキーで1軍キャンプスタートは無し。ドラフト2位の笹川吉康選手が新人合同自主トレ中に足を故障し離脱したのは残念だが、1位の井上朋也選手、3位の牧原巧汰選手などが育成のキャンプでどのくらいの力を見せるか注目、特に井上選手はポスト松田の期待を込めて1位指名をされている。サードの守備もほぼ問題ないレベルにあり、特徴の打撃でどんなアピールを見せるか。

千葉ロッテ

ブルペンではドラフト1位の鈴木昭汰投手と4位の河村説人投手が注目される。鈴木投手は昨年夏に一気に飛躍し、150キロを超す力のある球を投げたが、秋はリーグ戦で中盤以降に失点する場面も多かった。即戦力としても期待されるがまずは体力づくりをしたい。

河村投手は192cmの右腕投手で、150キロを記録する。素材型に見えるが実戦的なピッチングができる投手で、ブルペン投球のあと、シート打撃、紅白戦で結果を残すのではないかと期待する。ローテーション入りとまでは言わないまでも、開幕1軍に残る可能性も十分ある。

3位の小川龍成選手はショートでポジション争いに加わる。藤岡選手がショートを守るが、守備・打撃でレギュラーが固定されている選手とは言えず、まずは得意の守備でアピールをしたい。

埼玉西武

ドラフト4位の若林楽人選手は、昨秋に3本塁打を放ち注目されたが、足のスピードがものすごい。もちろんパンチ力も持つ選手でまずは足と打撃でアピールしたい。肩の強さも遠投125mがあるが、大学野球では肩でアピールはできていなかった。肩のアイテムも揃えて外野の一角に加わりたい。その力はある。

タイシンガーブランドン大河選手もドラフト6位指名だが1軍キャンプに抜擢された。サードを守ることになるが、球団はベテランになった中村剛也選手の後任を探している。ドラフト1位でサードの渡部健人選手がダイエット失敗で2軍キャンプスタートとなったが、打撃や守備を見せれば1軍に呼ばれることになると思う。まずは1軍キャンプでアピールして差を開けておきたい。

キャンプで最も注目されそうなのは、ファームスタートとなったもののやはり渡部選手だろう。破壊力ある打撃は、フリー打撃で柵越の本数がカウントされそうだ。

東北楽天

ドラフト1位の早川隆久投手は、このキャンプで最も注目される選手になりそうだ。昨秋のリーグ戦のピッチングは、ここ数年でも左腕投手でNO.1といっても良い投球で、プロでも1年目から10勝を期待できる。田中将大投手が注目される中で、早川投手がブルペン入りすれば、マスコミや評論家から絶賛が起こるだろう。

2位の高田孝一投手、3位の藤井聖投手、4位の内間拓馬投手が1軍キャンプスタートだが、高田投手と内間投手は、力のある150キロの球を投げるものの、課題もある投手。1軍キャンプスタートだが、主力が上がってくるまでにまずはストレートの強さをアピールしたい。藤井投手は気持ちの強い選手で、早川投手をライバル視してブルペンで力のある球を投げそうだ。昨春は故障にしていた事もあり、飛ばし過ぎずに、それでもあのキレのある球をみせたい。

北海道日本ハム

パ・リーグで最も楽しみなのが日本ハム。ドラフト1位の伊藤大海投手は、ストレートの強さもあり、また多彩な変化球をコントロールよく投げる力がある。ブルペン投球もあるが、シート打撃や紅白戦などの実戦でのマウンドが非常に楽しみで、有原投手の穴を埋めるくらいの力がある。1軍ローテーション入りまで駆け抜けてほしい。

2位の五十幡亮汰選手も非常に楽しみ。中学時代陸上短距離NO.1の力で、キャンプでも大いに注目されそうだ。見てほしいのは外野手の守備で、足だけでなく深い位置からの送球やバックホームの球の低さなど肩の部分。西川選手がメジャー移籍出来ずに残留となり、1番センターでガチ勝負となるが、打撃ではまだ及ばないと思うが、守備範囲の広さでアピールしたい。

古川裕大選手も非常に注目。昨年は清水選手、宇佐見選手の併用となったチームで、打撃でアピールできる。ディフェンス面で課題はあるが、フリー打撃やシート打撃でその打撃をアピールしたい。

打撃のアピールといえば、今川優馬選手が話題をさらうかもしれない。フルスイングからの打球の強さは打撃系の練習で柵越えの数を他の選手と争いそう。他の練習でもチームを盛り上げるような声を出す選手で、打ち解けるのも早そうだ。

オリックス

1軍スタートは無し。ドラフト1位の山下舜平大投手が新人合同自主トレで、50%くらいの力でも首脳陣を驚かす球を投げているということで、ファームのキャンプが注目される。

その中で立教大のエースでアンダーハンドの中川颯投手と、28歳のオールドルーキー・阿部翔太選手も話題となりそうだ。パ・リーグでは渡辺俊介投手や高橋礼投手などアンダースローの投手が活躍した事もあり、中川投手も1軍の貴重な武器となりそうで、まずは下でチームに溶け込みながら投球をし、キャンプ終盤やオープン戦で1軍に合流したい。

阿部投手は28歳で今年から勝負となるのは間違いない。おそらくキャンプ中に1軍に昇格すると思うが、150キロの球を低めに投げ、得意のフォークなど沈む球で空振りを奪えるか、1軍に合流してからは、最初のバッターから勝負になる。

2021年キャンプ、ルーキーの振り分け一覧
2020年のドラフト会議で指名された選手の、キャンプのスタートの振り分け状況です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント