JX-ENEOS・齋藤俊介投手が148キロ記録、横浜DeNA、巨人が視察

JX-ENEOS, 齋藤俊介

JX-ENEOSはこの日、JR東日本とオープン戦を行い、ドラフト候補の齋藤俊介投手が登板した。

2回1/3を無失点

齋藤俊介投手は7回途中から登板すると、自己最速にあと1キロと迫る148キロを記録し、2回1/3を無失点に抑えた。「調子は良くなかった」というが「どの球種でもストライクを取れるのが持ち味」と安定したピッチングを見せた。

この投球を横浜DeNA、巨人のスカウトが視察しており、横浜DeNAの八馬幹典スカウトは「球種もいろいろあるし、実戦向き」と評価した。ドラフト直前で好投でアピールし、当日は3位前後で指名がありそうだ。

2017年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

「調子は良くなかった」としたが自己最速にあと1キロに迫る148キロをマーク。DeNA、巨人が視察する中「どの球種でもストライクが取れるのが持ち味」と安定感を発揮した。DeNAの八馬幹典スカウトは「球種もいろいろあるし、実戦向き」と評価していた。


PAGE TOP