西武ドラフト2位・佐々木健投手が都市対抗初登板、1回無失点に抑える

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

埼玉西武がドラフト2位で指名したNTT東日本の佐々木健投手が、都市対抗本戦で初登板をした。

スポンサーリンク

最速148キロ

佐々木健は最速152キロの速球を投げる左腕投手として、ドラフト会議では埼玉西武がドラフト2位で指名をした。都市対抗2次予選では先発もし、150キロ前後の力強い球を投げていた。

しかし、都市対抗本戦では登板が期待されたものの、コンディション不良により1回戦、2回戦ともにベンチ入りもしていなかった。この日の準々決勝でようやくベンチ入りをすると、8回に2番手として登板、最速は148キロを記録したが、まだストレートの球威、変化球たベストの状態ではなかった。

それでも、1アウトからヒットを許したものの、外角のストレートが徐々に良くなり、インコースへ変化球を見せて、最後は変化球で併殺に討ち取った。1回を投げて1安打無失点だった。

佐々木投手は、この日の状態について「大会前に左ヒジのコンディションが悪くなったが、100の状態で行った。若干ばらついたけれど、不安のある状況ではありません」と話した。そして「2回戦まで投げられず、心苦しい部分はありました。この一年、日本一だけを考えてきました。優勝して注目されるのがベスト」と、準決勝、決勝ではチームの勝利のための登板をしたいと話した。

飯塚監督も「ホッとしています。球はまだかなという感じだが、投げられたのは収穫」と話した。大事な場面での登板は厳しいかもしれないが、チームが「佐々木につなげ」という雰囲気で戦っているとのことで、これまで努力してきたことがナインにも伝わっており、チームに十分貢献している。

準決勝、決勝で佐々木投手の今できる集大成を見せ、プロへと羽ばたきたい。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
2021年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

「大会前に左ヒジのコンディションが悪くなったが、(今日は)100の状態で行った。若干(制球が)ばらついたけれど、不安のある状況ではありません」と佐々木。この日の最速は148キロも、手応えを得た“試運転”だった。飯塚智弘監督(45)は「ホッとしています。球は『まだかな』という感じだが、投げられたのは収穫」と話した。

西武ドラフト2位のNTT東日本・佐々木が今大会初登板で1回無失点 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 今秋ドラフトで西武から2位指名されたNTT東日本の左腕・佐々木健投手が2番手で8回から登板。最速148キロで、1回を1安打無失点に抑えた。「緊張した。なんとか0で抑えることができた」と安どした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント