エイジェックの150キロ左腕・林明良投手がプロ入りへ155キロ目指す

社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

昨年の都市対抗で140キロ後半の速球を投げ好投したエイジェックの林明良投手が、プロについて「行きたいですね」と語った。

スポンサーリンク

休まずに練習

林明良投手は関東学院大からエイジェックに進むと、左腕から最速150キロの球を投げる用になり、昨年の都市対抗野球では初戦のNTT西日本戦で先発し、7回5安打無失点の好投を見せた。

試合は最後にチームが逆転され悔しい思いをしたが、「昨年の反省は四死球。テイクバックやリリースの位置を意識的に変えています」と制球力の向上に取り組み、さらにこのオフは休まずに投球をしていて、「今も球速は出ていると思う。シーズンに入ったら155キロを目指しています」と話した。

目標はプロ入り、「行きたいですね」と話す。そこに手が届くところまで来ている今年は、大きな勝負の年となる。「今年は研究されると思うので、もっとレベルアップしたい。都市対抗では絶対に1勝したいし、優勝もしたい」と、1年間フルで力を見せることができれば、秋にはかなり高い評価を受けるドラフト会議になるかもしれない。

チームでは元千葉ロッテの小林雅英コーチが指導をしている。

2022年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
エイジェック林明良「155キロ目指す」元ロッテ小林雅英コーチの助言受け制球力向上プロ入りへ - アマ野球 : 日刊スポーツ
昨年、都市対抗野球初出場を果たしたエイジェックの最速150キロ左腕、林明良投手(23=関東学院大)が4日、栃木市内の球場でブルペン入りし調整した。直球に加えて… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

2年目の今年は、ドラフト解禁。昨年の都市対抗で、注目度も一気に上がった。プロの世界も「いきたいですね」と意識しつつ、「今年は研究されると思うので、もっとレベルアップしたい。都市対抗では絶対に1勝したいし、優勝もしたい」と力強く話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント