東洋大・矢吹栄希選手が今秋のプロ入り目指し、春に3冠で1部昇格目指す

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

東洋大の矢吹栄希選手が、この秋のドラフト会議での指名を目指している。昨年秋は東都リーグ2部で打率.414でリーグ2位、2本塁打でホームラン王になっている。

スポンサーリンク

強打の外野手に

矢吹栄希選手は聖光学院時代に1番ショートで活躍しプロも注目したが、大学3年の昨年は5番レフトで出場し、東都2部で打率.414、2本塁打の活躍を見せた。

この冬はさらにトレーニングを重ねると、食事も1日6、7食をとり、体重が高校時に68kgから81kgへと増えた。「打球が違う。タイミングを外されてもフェンスオーバーが多くなった」と話す。高校時とは違ったタイプの選手へと成長した。

そして「春の結果次第」としながらも、プロ入りについて「今までは夢。なれたらいいなくらいの感覚が、今は行かないといけないと思うようになって、距離を意識している。首位打者、本塁打、打点の3冠獲得で圧倒的な数字を出したい」と話し、プロ入りを視野にこの春を戦う決意を示した。

昨秋は打率でリーグ2位、本塁打は専修大の南保選手と並んでホームラン王だった。5打点だった打点もさらに増やし、2部で三冠王を目指す。

ドラフト的には外野手はショートよりもプロ入りするのが難しいと思われてきたが、近年は打撃を評価され、外野手の指名も多い。打撃を磨き、さらに1部でその打撃をアピールできれば、夢へと近づく。もちろん守備も大切だが、高校時からの高い身体能力を活かしたい。

2022年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東洋大ドラフト候補・矢吹栄希 今年の目標は東都1部復帰、日本一、3冠王 - アマ野球 : 日刊スポーツ
今秋のドラフト戦線へ名乗りを上げる。東都大学野球リーグ2部に所属する東洋大・矢吹栄希外野手(3年=聖光学院)が、春季リーグで1部昇格、秋の明治神宮大会優勝を誓… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

「春の結果次第」と前置きした上で、大卒プロ入りを掲げる。「今までは夢。(プロ野球選手に)なれたらいいなくらいの感覚が、今は『行かないといけない』と思うようになって、距離を意識している。首位打者、本塁打、打点の3冠獲得で圧倒的な数字を出したい」と決意をにじませた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント