東都リーグが今日開幕、ラストシーズンに亜大・山崎康晃投手vs中大・島袋洋奨投手が激突か

島袋洋奨, 山崎康晃, 中央大, 亜細亜大

 東都大学リーグが今日、開幕する。開幕カードは春に続き、亜細亜大vs中央大で、プロ注目の亜大・山崎康晃投手vs中大・島袋洋奨投手が初の対決となるか。

ここまで3年半で直接対決なし

 帝京高校、亜細亜大でエースとして登板してきた山崎康晃投手、興南高校、中央大で投げてきた島袋洋奨投手は、この世代でトップランナーとして注目されてきた。高校3年生の春にセンバツ大会準決勝で二人は投げ合っており、山崎投手はリリーフとして、2回1/3を2安打3奪三振1四死球で自責点0に抑えたが、島袋投手は帝京打線を5安打7奪三振5四死球で完封し、この大会で優勝投手となった。

 夏も興南の島袋洋奨投手は優勝しトップを走った。そして大学では同じ東都リーグとなるが、ここまで直接対決は無い。1年から1戦目の先発として投げた中大・島袋投手に対し、亜大には東浜巨投手、九里亜蓮投手という強力な選手がおり、特に1戦目は東浜巨投手が完投してしまうのでリリーフでの登板もなかった。

 大学3年時には日米野球でMVPを獲得し世代のトップランナーとなったのは山崎康晃投手だった。そしてこの春、4年生となった山崎康晃投手が1戦目の先発となり、開幕では直接対決の可能性もあったが、今度は島袋投手が調子を崩して1戦目の先発を回避していた。

 

ラストシーズンに

 島袋投手は先日の巨人との交流戦で6回1失点の投球を見せ、復調気配のようだ。中央大ではやはり島袋投手以上の存在は無く、今日こそ先発となりそうだ。そして亜大も生田監督が「山崎頼みです」と話す。

 大学でラストシーズンにようやく二人の直接対決が実現しそうだ。そして、島袋投手にとっては今後もプロで山崎投手と投げ合うためにも、勝たなければならない。

 東都大学リーグの亜大が、ドラフト1位候補のエース・山崎康晃(4年)に7連覇への命運を託した。3日の中大戦で開幕する秋季リーグ戦(神宮)に向け、東京・日の出町の練習場で最終調整。春からの課題だった山崎に次ぐ2戦目の先発候補が見つからず、生田勉監督(48)は「山崎頼みです」と危機感を募らせた。リーグ初の7連覇へカギを握る右腕は「1戦目を投げても、2戦目も行けるようにする」とフル回転を誓った。


PAGE TOP