富士大・小野泰己投手、九産大・高良一輝、井手亮太郎投手など来年以降注目選手続々

大学野球ドラフトニュース 2016年ドラフトニュース

 明治神宮大会大学の部は、来年以降に注目の投手も登場した。九産大2年の高良一輝投手は浜田智博投手をリリーフすると、2回2/3を1安打、4者連続を含む5奪三振と好投を見せた。

投手の宝庫

 中部学院大に敗れた九州産業大だが、投手の人材の宝庫となっている。2年生でこの秋は先発、リリーフにフル回転した高良一輝投手は、7回途中からエースの浜田智博投手をリリーフすると2回1/3を投げて4者連続を含む5奪三振を記録、1安打無失点に抑える好投を見せた。

 タイブレークとなった延長10回には1年生で140km/h中盤の速球を投げるサイドスローの井手亮太郎投手が登板すると、野間峻祥選手に押し出しの四球にヒットを浴びて3失点したものの最速は146km/hを記録、素質の高さを見せた。井手投手が1アウトで降板すると今度は1年生で146km/hの速球を投げる草場亮太投手が登板し、こちらも144km/hの速球で打者一人を抑えた。

 九産大には大学野球選手権で好投を見せた148km/h右腕の森川祐至投手(2年)もおり、エース・浜田投手が抜けた後も強さは続きそうだ。

 また、創価大に敗れた富士大も次から次へと好投手が出てくる。多和田真三郎投手をリリーフした2年生の小野泰己投手は、打者一人だけの対戦だったが最速は145km/hを記録した。今春のリーグ戦で6回1安打8奪三振のピッチングを見せて、巨人などのスカウトが既に注目をしている投手、来年は多和田、小野の2枚看板となり富士大が旋風を巻き起こしそうだ。

 創価大も3年生の小松貴志投手が、7安打を許しながら6奪三振、無四球で2失点完投勝利を上げた。171cmと大きくない投手だが安定感は高い。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント