慶大・郡司裕也選手が3安打&2刺殺、「ドラフトは早く終わってほしい」

慶応大, 郡司裕也

慶応大は、プロ志望届を提出しておりプロが注目する郡司裕也捕手が好守に活躍を見せた。「ドラフトは早く終わってほしい」と話した。

3安打に2刺殺

郡司選手はこの日、「藤野の配球を読むことに専念した」と、4年間対戦してきた立教大・藤野隼大捕手をターゲットに配球を読み、6回にはレフト線へ同点に追いつくタイムリー2ベースヒットを放つなど4打数3安打の打撃を見せた。

また守っても初回に相手の二盗を刺すと、4-3と1点リードの8回にも盗塁を刺し、東海大・海野隆司捕手など、他のドラフト候補捕手と比較されやや弱いとされていた肩についてもアピールをした。

しかし、郡司選手は「ドラフトは早く終わってほしいですね。あまり意識しないようにしているけど、今日は一塁へ悪送球してしまったり、なんか普通ではなかった」と、自分の将来が決まるドラフト会議については、どうしても意識してしまう悩みを話した。それでも、この日は共にプロ志望届を提出している高橋佑樹投手、津留崎大成投手など5投手をしっかりとリードした。

大久保監督も「郡司のスローイングも大きかった。」と話し、2度の刺殺を高く評価した。特に試合を決定づける8回の送球は素晴らしかった。高校時からプロが注目し、そして大学1年時から今年のドラフト世代の目玉になると評価されてきた郡司選手、大学4年で代表入りし、そしてこの秋に持っていた力を十分に発揮する。海野選手、佐藤都志也捕手など他の捕手の候補者と比較し、どのくらいの順位で指名されるのか注目したい。

2019年度-大学生捕手のドラフト候補リスト

プロ志望届を提出し「ドラフトは早く終わってほしいですね。あまり意識しないようにしているけど、きょうは(6回に)一塁へ(けん制で)悪送球してしまったり、なんか普通ではなかった」と苦笑い。


PAGE TOP