153キロ右腕・仙台大の稲毛田渉投手が5回無失点

仙台大, 稲毛田渉

153キロの速球を投げ、プロ志望届を提出している仙台大の稲毛田渉投手が、5回4安打6奪三振無失点の投球を見せた。

東北学院大戦で5回5失点

稲毛田渉投手は185cmの大型右腕で最速は153キロを記録する。しかし、スペックに伴う活躍というのはまだ見せられていないように思われ、プロ志望届を提出した日に行われた9月22日の東北学院大戦でも、先発したものの5回4安打6奪三振3四死球で5失点と結果を出せなかった。

この日はやや力が落ちる東北工業大戦だったが、「今日はゼロに抑えたかった。ストライク先行で試合を作ることができた」と話し、打者18人中13人に初球からストライクを投げ、5回4安打6奪三振で四死球は2つも無失点に抑えた。

来週はいよいよ東北福祉大との優勝決戦となる。稲毛田投手は「大事な試合になるので勝てる投球をしたい。個人的には大学最後のリーグ戦なので、今までやってきたことを全部出し切りたい」と話した。東北福祉大のプロ注目・津森宥紀投手との対戦も予想され、プロのスカウトも大勢が来るのではないかとみられる。そこで会心の投球が見せられれば大きなアピールとなりそうだ。

2019年大学生プロ志望届提出選手一覧
2019年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

プロ注目の最速153キロ右腕・稲毛田渉(4年=帝京)が粘りの投球で無失点に抑えた。プロ志望届を提出した22日の東北学院大戦では5回5失点と打ち込まれ、「今日はゼロに抑えたかった。ストライク先行で試合を作ることができた」と打者18人中13人に初球ストライクを投げ込み、カウントを有利に進めた。


PAGE TOP