埼玉西武、上位候補に三重中京大・則本昂大投手、また抽選は渡辺監督に

則本昂大, 三重中京大

 埼玉西武が三重中京大・則本昂大投手を上位候補にリストアップしている事がニッカンスポーツの調べでわかった。

 球団関係者が「馬力がある。先発でもリリーフでも対応できる」と話し評価をしている。埼玉西武は大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手、亜大・東浜巨投手と花巻東・大谷翔平投手を1位候補としていたが、大谷投手がメジャー挑戦を表明したために残りの2人への指名重複が増えることが予想される。

 そこで各球団と同じように外れ1位のリストアップを行っている様子だが、埼玉西武の場合、2009年に菊地雄星投手、2010年に大石達也投手を6球団の競合で見事抽選を引き当て獲得したものの、2011年は藤岡貴裕投手などの指名には行かずに十亀剣投手を単独指名した。今年も則本昂大投手や駒大・白崎浩之選手を評価し単独指名を狙ってくる可能性もある。

 則本投手には早くからマークをしていたという話しもあり、また阪神などもドラフト上位指名に挙げていることから、単独指名、または外れ1位での指名がありそうだ。

 また、居郷球団社長は抽選になった場合には渡辺監督がくじを引くことを示唆した。ドラフト全体では5人程度の指名となるとの事。

 


PAGE TOP