石川昂弥

侍ジャパンU18代表の4番を打つ石川昂弥選手、この日は2試合で5打数3安打と木製バットで結果を出し、中日スカウトも高く評価した。

佐々木朗希

No Image
大船渡の佐々木朗希投手が、侍ジャパンのユニフォームを着て登板した。駒澤大とのWヘッダーの練習試合の1戦目、9回に登板し1回1奪三振無失点の投球を見せた。

石川昂弥

侍ジャパン大学代表は、石川昂弥選手を4番に据える事が分かった。石川選手は喜びを感じながらも、木製バットについて不安も話した。

奥川恭伸

星稜の奥川恭伸投手が、26日に行われる大学代表との壮行試合に登板しない可能性もある。

佐々木朗希

U18代表の投手陣について、永田監督は「まず全員を見てみないと」と話したものの、佐々木朗希投手はリリーフでの登板について「頭にあります」と話した。

佐々木朗希, 大船渡高

侍ジャパンU18代表はこの日、合宿2日目となったが、雨天のため予定されていた大学生との練習試合は中止となった。佐々木朗希投手は前日に続いてブルペン入りを志願し、全球種の確認を行った。

佐々木朗希, 水上桂

この日から始まった侍ジャパンU18代表の合宿に参加した大船渡の佐々木朗希投手は、甲子園の奥川投手の試合を「全部見た」と話した。

佐々木朗希, 宮城大弥, 西純矢

侍ジャパンU18代表は、今日22日から合宿がスタートされる。決勝に進出した星稜の奥川恭伸投手と山瀬慎之助捕手を除いた18選手が集合する。

8月30日から開幕するU18W杯は、アメリカがこれまで4連覇をしている。日本も佐々木朗希投手、奥川恭伸投手などを擁し、史上最強の投手陣で挑むが、アメリカのエース・アベル投手は195cmから156キロの速球を投げるという。

No Image
U18W杯を戦う代表メンバーが発表された。選出された選手やチームについて考察してみます。

スポンサーリンク
PAGE TOP