早大出身の吉村優投手が、徳島インディゴソックスに入団

2022年ドラフトニュース 独立リーグドラフトニュース

早稲田実の野球部でプレーし、早稲田大に進学するとアメフトに転向して甲子園ボウルにQBとして出場していた吉村優選手が、早大大学院で学びながら四国アイランドリーグプラスの徳島インディゴソックスに入団した。

スポンサーリンク

昨年秋に150キロに到達

吉村優投手は、早稲田実業時代は清宮幸太郎選手の1つ上の学年で、2016年の夏の甲子園ではチームがベスト4に進出する中で、背番号16をつけてベンチ入りしていた。

早稲田大に進学するとアメフト部に入部し、QBとして2018年、2019年の甲子園ボウルに出場、2021年には大学院へ進学し、情報工学を学びながら、社会人クラブチームのREVENGE99で野球を再開した。

4月には141キロだった球速が、昨年9月に150キロに到達し、「クラブチームでは実戦経験を積めた。次はプロのスカウトに見てもらえる環境でやりたい」と、徳島インディゴソックスのテストを受け、この日、入団が発表された。

オンラインで大学院の授業を受けながら、独立リーグでの登板を重ね、150キロの速球でスカウトにアピールする。秋のドラフト会議で指名されるような投球を見たい。

徳島インディゴソックスのドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
異色の経歴持つ吉村優、NPB目指し独立リーグ徳島入り…早実で甲子園、早大でアメフト甲子園ボウル出場
 独立リーグの四国IL・徳島は10日、早大でアメフトの甲子園ボウルに2度出場した吉村優投手(23)=写真、江田拓司氏提供=が特別合格選手に決定したと発表した。早実(西東京)時代に甲子園も経験した野球の

「クラブチームでは実戦経験を積めた。次はプロのスカウトに見てもらえる環境でやりたい」と次の行動へ。知人を通じて球団個別のテストに申し込んだ。クラブチームでの1年間で球速を141キロから9キロアップさせた努力も実り、見事合格を勝ち取った。

アメフト部出身の早大大学院・吉村 四国IL・徳島入団 早実では甲子園ベンチ入り - スポニチ Sponichi Annex 野球
 「2つの甲子園」を経験した剛腕が夢を追う。独立リーグの四国アイランドリーグplus・徳島は10日、早大大学院1年の最速150キロ右腕・吉村優投手(23)の入団を発表した。吉村は早実時代の2年夏の甲子園にベンチ入り。登板はなかったものの、1学年下の清宮(現日本ハム)らと4強入りした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント