法大・三嶋一輝投手が3回パーフェクト!中日が高評価!

法大, 三嶋一輝

東京六大学リーグでは法大vs慶大の対戦が行われ、法大は3-2とリードした7回から今年のドラフト候補・三嶋一輝投手が登板すると、最速150kmを記録したストレートで押すピッチングで、3回をノーヒット、5奪三振、四死球0のパーフェクトリリーフを見せて慶大をねじ伏せた。

 三嶋一輝投手が大学1年時にリーグ最速タイの155kmを記録し衝撃のデビューを飾り、その後リリーフとして活躍してきた。その後、先発に転向を計るも思ったように成績を伸ばすことができなかったが、リリーフとしては光るピッチングを見せている。

 このピッチングを中日・中田スカウト部長が視察し、「球威があって力で押せるタイプの投手」と評価している。プロでもリリーフとして活躍できそうなピッチングを最後のシーズンで見せつけた。プロ入りを希望する三嶋投手にとって大きなピッチングとなった。

 法大は今秋ドラフト候補の155キロ右腕・三嶋が、完全救援でプロ入りを猛アピールした。7回から2番手で登板すると、最速150キロをマークして3イニングで3者連続を含む5奪三振。打者9人を完全に封じ込み「スピードが出てコントロールもできていたので、自信になった」と手応えを口にした。投球を見守った中日の中田宗男スカウト部長も「球威があって力で押せるタイプの投手」と高評価していた。


PAGE TOP